1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. ワコム、教育向けアプリの開発を促進する「インカソン」の説明会17日開催

2019年9月9日

ワコム、教育向けアプリの開発を促進する「インカソン」の説明会17日開催

ワコムは、「EdTech(エドテック)の進化を、デジタルインクで加速しよう」をテーマに、独創性に富んだ教育向けアプリの開発を促進する「インカソン(Inkathon)」の「ミートアップ(説明会)」を9月17日に開催する。インカソンの募集期間は10月15日まで。


ここでは、ワコムの提供するデジタルインク技術WILLの技術的説明に加え、EdTech推進に意欲的に取り組んでいるデジタルハリウッド大学 大学院の佐藤昌宏教授、工学院大学附属中学校・高等学校の髙橋一也教頭などから、教育現場における課題について、さらに、ワコムの井出信孝社長兼CEOから、本年のインカソンに対する期待などを話すという。

インカソン概要

説明会開催:9月17日(火) 午後2時~5時(予定)
募集期間:2019年10月15日まで
応募資格: WILLのSDKを使ってデジタルインクや手書き入力を活かしたアプリを開発できるスタートアップ企業およびアプリ開発協力企業、学生、フリーランサー、意欲的なイノベーターのグループ
応募方法:インカソンのWebサイトhttps://inkathon.bemyapp.com/jp内から登録
審査方法:応募者を対象にメンタリングなどを実施し、提出された試作アプリを審査
・10月中旬…各グループから開発アプリを提出
・10月下旬…事務局で審査の上、ファイナリスト数点を選出
・11月4日…ファイナリストによるプレゼンテーションを、「Edvation × Summit 2019」 会場で実施
賞金: 1位…12,000米ドル、2位…8,000米ドル、3位…5,000米ドル
*受賞アプリは、11月27日にワコムが開催するデジタル文具市場の発展を促進するイベント 「コネクティド・インク東京」でも紹介する。

関連URL

インカソン公式サイト

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス