1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ドゥクエスト、教師の負担月間200分削減可能な問題集

2017年11月7日

ドゥクエスト、教師の負担月間200分削減可能な問題集

ドゥクエストでは10月から会員サービスとして、高校・学習塾などを対象に、スマートフォンで全問題の解説授業 (計15時間程度) をする高校英文法問題集 (750問) 「オンライン問題集ViCOLLA (ビコラ) (第0章) 」を発売している。

IMG_0156学校や塾などの授業時間は50分や80分と短いため、宿題の解説まで授業時間内では扱えないが、同製品で宿題を課せば、生徒は自分でわからないところを理解できるため、質問に来た生徒の対応や、宿題がわからない生徒への補習などで、教師1人あたり月間200分程度の削減につながると同社では試算している。

価格は会員月額2000円 (税別) で解説見放題。別途、法人プランもある。同社では、2018年春までに高校数学問題集の発売も予定している。

関連URL

ViCOLLA

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
SHARP BIG PAD Capmus 「GIGAスクール」時代に欠かせないツール 電子黒板とは?
GIGAスクール構想実現のポイントは? Ciscoならネットワークからセキュリティまで CISCO
NICA 全国ICTクラブ協会 あなたもプロになれる! Webニュースライター講座

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス