1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 外国語学習アプリ「HiNative」、GooglePlay「ベストオブ2017」入賞

2017年12月4日

外国語学習アプリ「HiNative」、GooglePlay「ベストオブ2017」入賞

Lang-8はこのほど、同社の外国語学習者向けQ&Aアプリ「HiNative」がGoogle Play「ベストオブ2017」のアプリカテゴリー ソーシャル部門で入賞したと発表した。

1204-hn「HiNative」は、ネイティブスピーカーが互いに母語を教え合う語学学習アプリ。ユーザーが英語に関する質問を投稿すると、英語ネイティブのユーザーが回答し、回答してもらったユーザーは日本語を教えるという流れになっている。

言語は日英に限らず、スペイン語や韓国語など110の言語でコミュニケーションが行われている。

「HiNative」は、2014年11月からサービスをスタート。2017年1月時点で39万人だった登録ユーザー数は、同年6月26日には100万人を突破。現在では170万人を超えており、231の国と地域で利用されている。2018年末に1000万人、最終的には1億人の登録ユーザー数を目指している。

Google Play「ベストオブ2017」は、Google Playが2017年に話題になったゲーム、アプリを選出し発表するプログラム。Google Play選出のゲーム6 部門、アプリ6部門に加え、ゲームおよびアプリの「ユーザー投票部門」を合わせて、計14の部門からなるアワードプログラム。

関連URL

HiNative

新高3生対象 合格への戦略 Benesse 進研模試の成績と連動! 1.11から申込みスタート
EDIX関西2018 出展社特集 公開中・募集中
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の学習塾 ICT活用事例はこちら すらら
  • 学校現場のICT活用情報 冊子を無料でお届け チエルマガジン申し込みへ
  • 先生!ひょっとしてeラーニングでお悩みですか?
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • みらいスクールステーション 導入校が驚いた想定外の利用率! 教室ノートPCに代わる教育ICT専用端末 FUJISOFT
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス