1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 外国語学習アプリ「HiNative」、GooglePlay「ベストオブ2017」入賞

2017年12月4日

外国語学習アプリ「HiNative」、GooglePlay「ベストオブ2017」入賞

Lang-8はこのほど、同社の外国語学習者向けQ&Aアプリ「HiNative」がGoogle Play「ベストオブ2017」のアプリカテゴリー ソーシャル部門で入賞したと発表した。

1204-hn「HiNative」は、ネイティブスピーカーが互いに母語を教え合う語学学習アプリ。ユーザーが英語に関する質問を投稿すると、英語ネイティブのユーザーが回答し、回答してもらったユーザーは日本語を教えるという流れになっている。

言語は日英に限らず、スペイン語や韓国語など110の言語でコミュニケーションが行われている。

「HiNative」は、2014年11月からサービスをスタート。2017年1月時点で39万人だった登録ユーザー数は、同年6月26日には100万人を突破。現在では170万人を超えており、231の国と地域で利用されている。2018年末に1000万人、最終的には1億人の登録ユーザー数を目指している。

Google Play「ベストオブ2017」は、Google Playが2017年に話題になったゲーム、アプリを選出し発表するプログラム。Google Play選出のゲーム6 部門、アプリ6部門に加え、ゲームおよびアプリの「ユーザー投票部門」を合わせて、計14の部門からなるアワードプログラム。

関連URL

HiNative

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 導入実績多数!まとめてサポート
主体的に学ぶ力をのばす Classiポートフォリオ 2つの新機能登場! 1:アルバム機能、2:学びの振り返り機能
熊本市 教員研修スタート NTT DOCOMO
SC C&S 未来を切り開く 教育ICT
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売出張講座・共催 ユーバー株式会社
Web展示会 プログラミング教室・ツール展 開催中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • ICT導入&活用公開セミナー 全国各地で開催中 すらら
  • お試し無料 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス