1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 思考センス育成アプリ「Think!Think!」、GooglePlay「ベストオブ2017」で入賞

2017年12月4日

思考センス育成アプリ「Think!Think!」、GooglePlay「ベストオブ2017」で入賞

花まるラボは1日、同社の思考センス育成アプリ「Think!Think!」が、Google Play「ベストオブ2017」で、アプリファミリー部門に入賞したと発表した。

1204-tt
Google Play「ベストオブ2017」は、Google Playが2017年に日本国内で話題になったゲーム、アプリを選出し発表するプログラムで、「Think!Think!」は今回、家族・子ども向けのベストアプリを表彰する「ファミリー部門」で入賞した。

「Think!Think!」は、今年4月、全世界を対象とした「Google Play Awards 2017」のApp for Kids部門でもファイナリスト(TOP5)に選出されており、国内の子ども向けアプリとしては唯一、同賞とのW入賞となった。

「Think!Think!」は、空間認識や平面図形など思考センスの基礎要素を、1日10分で楽しみながら身につけられる、思考センス育成アプリ。

今年3月に完全無料版をリリース。30万人を超えるユーザーの多くが5~10歳を中心とした子どもとその家族。12月17日から、世界中のユーザーと思考力で競えるイベントとして、アプリ内で「Think!Think! WORLD CUP」を初開催する。

算数オリンピックや、世界最大のオンライン算数大会「世界算数」の問題作成を手掛け、Amazonベストセラーの問題集シリーズ「なぞぺ~」を著書に持つ、花まるラボ代表の川島慶氏が監修。川島氏を中心とする東大卒精鋭チームが全問題を作成している。

ゲーム感覚で「思考センス」を育む、ユニークなアプリとして、月次の継続率は90%を越える水準で推移。無料化以降、iOS教育カテゴリ(無料)や子ども向けカテゴリ(無料)でそれぞれ1位を獲得している。

関連URL

Think!Think!

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
ICTクラブ大泉学園 無料プログラミング体験会 やってみなくちゃ分からない ゲームをプログラミングしよう!

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス