1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. GABAとNTTデータ、AIを活用した英会話学習方法の実証実験を開始

2017年12月18日

GABAとNTTデータ、AIを活用した英会話学習方法の実証実験を開始

「Gabaマンツーマン英会話」を運営するGABAとNTTデータは、今月15日から来年3月31日の約4カ月間、英会話レベル分析を使った新たな英会話学習方法に関する実証実験を実施する。

実証実験の概要イメージ

実証実験の概要イメージ

同実証実験では、Gabaの教材をNTTの音声認識エンジンに学習させ、レッスンに合わせてチューニングした上で、「英会話レッスン中の音声取得の精度向上」および「単語やフレーズを抽出・解析する機能」を開発したのち、実際のレッスンへの適用可能性についての検証を実施する。

具体的には、受講者とインストラクターのレッスン中の会話の内容を、日本人英語に特化した音声認識技術を搭載したNTTの音声認識エンジンを介して取得する。さらに、取得した会話の内容をGabaのレベル別の単語リストに照らし合わせて、新たに受講者が発話・学習した単語やフレーズを抽出する。事前準備として、Gabaの教材を音声認識エンジンに学習させることにより、Gabaのレッスン向けにチューニングする。

従来行っていた学習カウンセリング内容に、定量的な計測が難しかった未学習・要復習事項や習得した単語レベルなどを機械的に分析してフィードバックするとともに、より受講者のレベルに合った学習方法や教材を提案することを目指す。

実験は、NTTデータに開設された企業内スクールで、英会話レベル初級者、中級者を中心に、同社社員から募った希望者50名程度を対象に行われる予定となっている。GABAとNTTデータは、来年度以降、本実証実験の結果をGabaの既存サービスと連携させることで、レッスン中だけでなく、予習・復習でも活用できる仕組みの構築を目指している。

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
教育ソフトウエア 採点ナビ 無料お試し

アーカイブ

  • 創造性を育む学びに Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • 教材・校務活用ポータル kyouzai.jpへ
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス