1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. シュビキ、eラーニング「社会人の情報セキュリティ入門」新発売

2017年12月20日

シュビキ、eラーニング「社会人の情報セキュリティ入門」新発売

シュビキは19⽇、⽇本語版・英語版eラーニングコース「社会⼈の情報セキュリティ⼊⾨」を発売すると発表した。

組織でのIT活⽤が拡⼤し、取り扱う情報量が増える中で、情報セキュリティに関する教育・啓蒙が重要な課題の⼀つになっている。

友⼈や家族に仕事の話をする、公共の場で不⽤意な⾔動をする、安全度の低いPCの使い⽅をするといったことを防ぐ狙いだが、グローバル化の進展で外国⼈スタッフが急増する組織では、併せて多⾔語での対応も必要になってきた。

「社会⼈の情報セキュリティ⼊⾨」は、こうした組織のニーズに応えて開発されたもので、情報セキュリティの重要性や⽇常⽣活に潜むリスク、⾔動の注意点などを、⽇本語と英語で解説。

コース本編だけでなく、LMS(Learning Management System)上のメニューや、受講者サポートなども多⾔語で受ける体制ができており、⽇本⼈スタッフのいない海外拠点でもスムーズに導⼊できるようになっている。

単体コースとしての契約の他、定額制クラウド型 eラーニング「BISCUE LS」(スマートフォン対応)の契約コースに盛り込むこともできる。

「社会⼈の情報セキュリティ⼊⾨」は、会社で扱う情報、会話の中で、IT関連、⽇々の⾏動、トラブル回避のポイントの5項目で構成。対応⾔語は⽇本語と英語。

関連URL

BISCUE eラーニング

BISCUE LS

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 申請は3月30日(金)まで 総務省 補助金で安定・高速のネット環境 チエル学校防災Wi-Fiパック
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録