1. トップ
  2. ツール・教材
  3. チエル、TOEIC・TOEFLで目標スコアに導くクラウド型教材2月13日発売

2018年1月26日

チエル、TOEIC・TOEFLで目標スコアに導くクラウド型教材2月13日発売

チエルは、目標のスコア達成に導くクラウド型教材『スーパー英語 TOEICテスト・TOEFLテスト対策コース』を、2月13日から、全国の高校・大学を対象に販売を開始する。

0126-ち
教材のラインナップは、目標スコア別に TOEICテスト 2 コース、TOEFLテスト 3 コースと、5教材。PC(Windows/Mac)に加え、スマートフォン、タブレットにも対応している。

『スーパー英語 TOEICテスト・TOEFLテスト対策コース』では、TOEICテスト対策コース(初級・中級)、TOEFLテスト対策コース(初級・中級・上級)の、5 つの「対策コース」を用意。

TOEICテスト対策コース(初級・中級)は、目標想定学習時間を120時間、学習できる単語数は2400 語、TOEFLテスト対策コース(初級・中級・上級)は、目標想定学習時間を 150時間、学習できる単語数は3600語。

スコアごとに設計された「対策コース」で、最適な学習順・難易度で学習することができる。毎日無理なく継続できる仕組みが、学習者のモチベーションを高め、学習時間を延ばし、確かな成果へつなげていくという。

文部科学省は 2020年度からスタートする「大学入学共通テスト」において、2024 年度以降は、英検、TOEICテスト、TOEFLテストといった外部検定試験利用に移行する方針を公表している。

外部検定試験おいては、すでに大学入試に活用される動きが広がっており、大学によっては英語試験への点数加算や、英語入試自体の免除のほか、外部検定試験のスコア提出を義務づけている大学・学部もある。

こうした背景のもとに、“24 時間いつでもどこでも学べる”をコンセプトに、効果的な TOEIC/TOEFLテスト対策ができる学習ソフトとして、クラウド型教材『スーパー英語 TOEICテスト・TOEFLテスト対策コース』を高校・大学を主対象とした文教市場に向けて販売するに至った。

関連URL

スーパー英語 TOEICテスト・TOEFLテスト対策コース

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス