1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ヤマハが企画協力した「読譜力」を身につけられるデジタル教材

2018年2月16日

ヤマハが企画協力した「読譜力」を身につけられるデジタル教材

ヤマハは、楽譜を読む力“読譜力”を身につけられるデジタル教材「Music Edutainment Application楽譜が読めるようになる!Vol.1~リズムトレーニング~」の企画協力と制作を担当、3月16日から全国の教育芸術社の代理店で発売開始する。

教材イメージ

教材イメージ

同教材は、小中高校の音楽授業で毎回10分活用することで、読譜力を身につけることを目的としたデジタル教材。Windowsパソコンとタブレット端末に対応し、個別学習を効果的に行えるほか、大型モニターに同教材を映し出して使用することで、クラス全体で学習を深めることもできる。

一定の拍でリズムを打つ練習ができる「ビートトレーニング」、さまざまなリズムパターンで楽譜を読む練習ができる「リズムリーディング」、身につけた読譜力を生かしてリズムアンサンブルができる「ビートトレーニング」の3つのメニューからなり、リズムを打つことを楽しみながら、楽譜 (リズム譜) の内容を理解できるようになっている。

また、音符や拍子、強弱記号などをキャラクターが分かりやすく解説する「楽典の解説動画」を14点収録しており、3つのメニューと合わせて活用することで、より効果的な学習が行えるようになっている。

今回の企画協力・制作は、同社が2014年から取り組んでいる、学校の音楽教育現場にICTを活用した音楽教育ソリューションを提供する「Smart Education System」の一環として行われたもので、今後はデジタル音楽教材の提供のみならず、楽器やネットワーク機器、クラウドサービスや人的サポートも含めた包括的なソリューションを提供していくことで、新しい時代の音楽教育をサポートしていきたいとしている。

関連URL

教育芸術社

「Smart Education System」公式サイト

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
ICTクラブ大泉学園 無料プログラミング体験会 やってみなくちゃ分からない ゲームをプログラミングしよう!
出展情報・商談予約 6月19日~21日開催 EDIX2019 出展者特集

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス