1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. プロ・テック倶楽部、幼児~高校生向け全6コースを4月スタート

2018年2月1日

プロ・テック倶楽部、幼児~高校生向け全6コースを4月スタート

プロ・テック倶楽部は1月31日、幼稚園年中~高校3年生までを対象とし、最大6年間に渡って段階的・継続的に学べる全6コースを4月からスタートさせると発表した。

d11467-12-314577-6幼児~高校生まで、経年で「力」が身につくステップアップ・プログラムで、年齢や理解に応じて段階的にプログラミング×モノづくりスキルが身に付けられる内容。

どのコースも、学びをPC 画面上で完結させず、実際にモノを動かす、何かをつくりあげるなど、トライ&エラーを繰り返しながらプログラミングとモノづくりが学べるカリキュラムになっている。

1st Stage(月1回90分、4~6歳対象)は、ビジュアル言語を使って、手のひらサイズのロボット「Edison」を操作し、プログラミングの基本であるアルゴリズムを体感する。

2nd Stage(月1回120分、6~8歳対象)では、ビジュアル言語を使って、「動き」「見た目」「音」「ペン」「制御」などのブロックを選んで組み合わせ、キャラクターを動かすことを通じてアルゴリズムを体感。

3rd Stage(月1回120分、8~10歳対象)は、ビジュアル言語と電子基板を使い、さまざまなセンサー(光・圧力・人感・音感など)から情報を読み取り、LEDやモーター、スピーカーなどを動かすためのプログラミングに挑戦する。

4th Stage(月1回120分、10~12歳対象)は、テキスト言語のArduino言語(C/C++)を用い、さまざまなセンサーから情報を読み取り、LEDやモーター、スピーカーなどを動かすためのプログラミングに挑戦。

5th Stage(月1回120分、12~15歳対象)は、モノづくりをしてプログラミングで動かす。

6th Stage(月1回120分、13歳以上)は、「モノからモノ」へのプログラミングからステップアップし、インターネットを経由した「モノからヒト」へのプログラミングに挑戦する。

関連URL

コース詳細

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 探究型の学びに最適! Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス