1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. CSAJ、「データ適正消去実行証明協議会」を設立

2018年3月1日

CSAJ、「データ適正消去実行証明協議会」を設立

コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)は2月28日、「データ適正消去実行証明協議会」(Association of data Erase Certification(ADEC))を設立したと発表した。

ADECは、データの適正な消去のあり方を調査・研究し、その技術的な基準を策定。同時に、データの適正消去が実行されたことを証明するための第三者的な証明制度の普及・啓発を図り、健全で安心安全な循環型IT社会の実現に寄与することを目的として活動していくという。

主な事業内容は、第三者によるデータ適正消去実行証明書発行事業の企画、第三者によるデータ適正消去実行証明書発行事業に係る基準策定、第三者によるデータ適正消去実行証明書発行に関する情報提供、調査、研究など。

関連URL

コンピュータソフトウェア協会

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
SHARP BIG PAD Capmus 「GIGAスクール」時代に欠かせないツール 電子黒板とは?
GIGAスクール構想実現のポイントは? Ciscoならネットワークからセキュリティまで CISCO
NICA 全国ICTクラブ協会 あなたもプロになれる! Webニュースライター講座

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス