1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. CSAJ、「データ適正消去実行証明協議会」を設立

2018年3月1日

CSAJ、「データ適正消去実行証明協議会」を設立

コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)は2月28日、「データ適正消去実行証明協議会」(Association of data Erase Certification(ADEC))を設立したと発表した。

ADECは、データの適正な消去のあり方を調査・研究し、その技術的な基準を策定。同時に、データの適正消去が実行されたことを証明するための第三者的な証明制度の普及・啓発を図り、健全で安心安全な循環型IT社会の実現に寄与することを目的として活動していくという。

主な事業内容は、第三者によるデータ適正消去実行証明書発行事業の企画、第三者によるデータ適正消去実行証明書発行事業に係る基準策定、第三者によるデータ適正消去実行証明書発行に関する情報提供、調査、研究など。

関連URL

コンピュータソフトウェア協会

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 選定 調達 導入 運用 まとめてサポート
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス