1. トップ
  2. データ・資料
  3. 現場の教職員が指摘するプログラミング教育普及のための課題とは

2017年12月20日

現場の教職員が指摘するプログラミング教育普及のための課題とは

コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)プログラミング教育委員会は19日、現場の教職員を対象に実施した「情報教育に関するアンケート」の結果をまとめ公表した。

d13310-61-682272-0同アンケートは、2020年に始まる初等教育のプログラミング教育必修化に向け、学校現場の教職員が日ごろどの程度ICT機器を利用し、どういった課題を抱えているのかを調査したもの。

3市の小学校50校、中学校27校の教職員を対象に、今年8月29日~10月6日にかけてアンケートを行った。回答件数は326件。

回答結果によると、現場教職員が考えるプログラミング教育普及のための最大の課題で最も多かったのは、「ICT機器やネットワーク環境の不足」で212件。以下、「県・市・教育委員会による支援」187件、「学習・研修時間の不足」176件、「教員人材の不足」137件、「学習環境の不足」120件、「授業時間の不足」83件、「指導方法が分からない」73件、「教員間の協力体制」71件などが続いた。

関連URL

アンケートの回答結果

コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
EDIX関西2018 出展社特集 公開中・募集中
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 学校現場のICT活用情報 冊子を無料でお届け チエルマガジン申し込みへ
  • 先生!ひょっとしてeラーニングでお悩みですか?
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • みらいスクールステーション 導入校が驚いた想定外の利用率! 教室ノートPCに代わる教育ICT専用端末 FUJISOFT
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス