1. トップ
  2. データ・資料
  3. 現場の教職員が指摘するプログラミング教育普及のための課題とは

2017年12月20日

現場の教職員が指摘するプログラミング教育普及のための課題とは

コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)プログラミング教育委員会は19日、現場の教職員を対象に実施した「情報教育に関するアンケート」の結果をまとめ公表した。

d13310-61-682272-0同アンケートは、2020年に始まる初等教育のプログラミング教育必修化に向け、学校現場の教職員が日ごろどの程度ICT機器を利用し、どういった課題を抱えているのかを調査したもの。

3市の小学校50校、中学校27校の教職員を対象に、今年8月29日~10月6日にかけてアンケートを行った。回答件数は326件。

回答結果によると、現場教職員が考えるプログラミング教育普及のための最大の課題で最も多かったのは、「ICT機器やネットワーク環境の不足」で212件。以下、「県・市・教育委員会による支援」187件、「学習・研修時間の不足」176件、「教員人材の不足」137件、「学習環境の不足」120件、「授業時間の不足」83件、「指導方法が分からない」73件、「教員間の協力体制」71件などが続いた。

関連URL

アンケートの回答結果

コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)

新高3生対象 合格への戦略 Benesse 進研模試の成績と連動! 1.11から申込みスタート
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の学習塾 ICT活用事例はこちら すらら
  • 英語の4技能を徹底支援 語学学修ソリューション CALL+MALL
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録