1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 「未踏ジュニアスーパークリエータ」慶大AO入試の1次選考免除に

2018年3月20日

「未踏ジュニアスーパークリエータ」慶大AO入試の1次選考免除に

未踏は19日、慶應義塾大学総合政策学部・環境情報学部「アドミッションズ・オフィスによる自由応募入試(AO入試)」の2019年4月・9月入学者対象入試から、1次選考免除のC方式の対象 (出願資格) に「未踏ジュニアスーパークリエータ」認定者が追加されることになったと発表した。

「未踏ジュニア」は、21世紀型イノベーション創出を担う人材育成を目的に、未踏が企画運営するプログラム。17歳以下の個人またはグループが主導するソフトウェア・ハードウェアの開発プロジェクトに対して、未踏IT人材発掘・育成事業のOB/OGにより構成されたプロジェクトマネージャと専門家がメンタリングを行い、最大50万円の開発資金、開発場所、機材などを支援する。

プログラム期間中に優れた成果を上げた採択者に対しては「未踏ジュニアスーパークリエータ」の称号を認定している。認定された採択者には、担当プロジェクトマネージャの推薦を得ることで、次年度以降の同事業応募時に1次選考が免除される権利が付与されている。

さらに、2019年度4月・9月以降の入学者を対象とする慶應義塾大学総合政策学部・環境情報学部AO入試において、C方式の出願資格に「未踏ジュニアスーパークリエータ」が追加されることとなった。C方式は、中学卒業以降からAO入試出願までの期間内に、指定のコンテスト等において個人として所定の成績をおさめた受験生を対象とした入試方式。

なお、3月27日16時から広尾学園中学校・高等学校で、「めざせスーパークリエータ!未踏ジュニアを知ろう」と題して、2018年度未踏ジュニアの説明会が行われる。このイベントは第1回東京国際教育祭の一部として行われ、当日は2017年度未踏ジュニアスーパークリエータ認定者によるプレゼンテーションと授賞式も予定されている。

関連URL

未踏ジュニア

慶應義塾のAO入試とC方式について

めざせスーパークリエータ!未踏ジュニアを知ろう

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 選定 調達 導入 運用 まとめてサポート
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
21世紀を生き抜く力を育む 幼児からシニアまで楽しくICT+プログラミングを学べる ICTクラブ大泉学園 無料体験会開催中
Web展示会 プログラミング教室・ツール展 開催中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×オーダーメイドの学び
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス