1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. モーションデータ出力アプリ「Moffロガー」をリリース

2018年3月23日

モーションデータ出力アプリ「Moffロガー」をリリース

Moffは22日、同社のスマートトイ「Moff Band」で計測した各種モーションデータをiTunes経由でCSV出力できるiOSアプリ「Moffロガー」をリリースした。

0323-mff現在主流となっている「光学式モーションキャプチャーシステム」は、専用のスーツを着用して身体に複数のマーカーを取り付けたり、マーカー位置を測定するためのカメラなどの機材・設備が必要になったりしていたが、「Moffロガー」では、すでに市販されているスマートトイ「Moff Band」を使うため、特別なスーツやマーカー、大規模な機材や設備などは必要なくなる。

iOSアプリからiTunes経由でのCSV出力機能を備えるため、手軽に使えるモーションキャプチャーアプリとして、主にMoffバンド (6軸センサー) の生データを解析したい研究機関や大学などでの活用が期待される。

「Moffロガー」では、データ取得時刻 (世界標準時・UNIX時間)、3軸加速度 (X,Y,Z)、3軸角速度 (X,Y,Z)、クオータニオン (X,Y,Z,W)、ユーザー加速度 (X,Y,Z)、回転行列 (X,Y,Z) の各データを、タイムスタンプ付きで約20サンプル/秒の間隔でCSV記録する。

また「Moffバンド」をモーションキャプチャー・デバイスとして活用できる「Moffモーションキャプチャ・プラットフォーム」(MMP) の「Moff SDK」を利用することにより、ストリーミングでのデータ取得と反映が行える。「Moff SDK」では、iOSネイティブ用/Androidネイティブ用/Unity (for iOS/Android) 用が用意され、モーションデータを活用したさまざまなアプリケーションの開発が可能となる。

関連URL

Moffロガー

Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
EDIX関西2018 出展社特集 公開中・募集中
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の学習塾 ICT活用事例はこちら すらら
  • 学校現場のICT活用情報 冊子を無料でお届け チエルマガジン申し込みへ
  • 先生!ひょっとしてeラーニングでお悩みですか?
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • みらいスクールステーション 導入校が驚いた想定外の利用率! 教室ノートPCに代わる教育ICT専用端末 FUJISOFT
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス