1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 知育アプリ「ワオっち!」×雑誌「きゃらぷち」がコラボ第2弾

2018年3月2日

知育アプリ「ワオっち!」×雑誌「きゃらぷち」がコラボ第2弾

ワオ・コーポレーションは1日、同社の子ども向け知育アプリ「ワオっち!」シリーズの買い物ごっこアプリ「ワオっち!おかいものレジスター」と、KADOKAWAの女児向け雑誌「きゃらぷち」とのコラボ第2弾「ケーキ屋さん」を発表した。

d15572-480-509860-0両者はかねてからタッグを組み、子どもがスマートフォンやタブレット上で買い物を疑似体験できる特集ページを展開。第1弾の「お花屋さん」を昨年11月に発売。第2弾の「ケーキ屋さん」は、1日発売の「きゃらぷち2018 はる」誌上で5ページにわたる特集を組んでいる。

「ワオっち!おかいものレジスター」は、子どもたちの身近にあるバーコードをアプリのカメラでスキャンすると、商品の価格が読み上げられ、実際に買い物しているような気分を味わえるアプリ。対象は2歳以上で、価格は無料。

第2弾の「ケーキ屋さん」では、特集ページの商品バーコードにアプリのカメラをかざすと、「ショートケーキ600円です」と商品名と価格が読み上げられ、クレープやシュークリームなど全12種類のケーキの買い物にチャレンジできる。

雑誌「きゃらぷち」は、KADOKAWAが不定期で発行する3~5歳の女の子向けキャラクター知育雑誌。最新号の「きゃらぷち2018 はる」は870円(税別)。

「ワオっち!」は、シリーズ累計630万ダウンロードを突破した知育アプリシリーズ。0~12歳を対象に、「親子の時間」と「幼児期に必要な力(知力・表現・感性・就学基礎・自律)の育成」をコンセプトに開発された。

関連URL

iOS版

Android版

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi 入試改革・新課程を見据えた 学校とICTのあり方を考える会 9.14 土 全国16拠点で同時開催! 詳細はこちら
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 探求学習 すらら×札幌新陽高校
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス