1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. ディズニーの世界で学ぶプログラミング学習教材、先行予約販売開始

2018年3月7日

ディズニーの世界で学ぶプログラミング学習教材、先行予約販売開始

ライフイズテックはディズニー・プログラミング学習教材「テクノロジア魔法学校」を開発、4月21日からサービスを開始する。先行予約販売を公式サイトで3月6日から始めた。

tsom_1

(C)Disney

同社はウォルト・ディズニー・ジャパンとライセンス契約し、ディズニーの世界を楽しみながらプログラミングやクリエイティビティをオンラインで学ぶことのできるプログラミング学習教材「テクノロジア魔法学校」を開発した。

「テクノロジア魔法学校」では“プログラミングは現代の魔法である”をテーマに、魔法学校を舞台にしたオリジナルメインストーリーと、『アナと雪の女王』『ベイマックス』『アラジン』など13本のディズニー作品を使ったレッスンによって、ロールプレイングゲームのように冒険の物語を体験しながらプログラミングを学ぶことができる。

JavaScript/HTML/CSS/Processing/Shaderなどのプログラミング言語を軸に、メディアアート、ゲーム制作、Webデザインの3つのコースを総合的に学習するクロスカテゴリ学習を採用。基礎編40時間、応用編60時間、計100時間分の学習コンテンツを用意し、週1回2時間の学習で、約1年間で学ぶことができる。

オンライン学習教材のほか、物語を進めていくための地図や封筒などのさまざまなアイテムが入ったスタートキット「魔法の本」を連携させながら学習を進めていく。「魔法の本」には「謎」が仕掛けられ、それらを解くことで物語が進行する。さらに、メインレッスンをクリアすると自宅に届く、ディズニーキャラクターがデザインされたオリジナルポストカードなど、学習者が楽しく継続して学べる仕掛けが提供されている。

料金は12万8000円 (税別) で分割払いも可能。4月21日からのサービス開始に先立ち、6日から公式サイトで先行予約販売を開始した。先行予約の特典として、「初回限定ナンバリングを施した魔法の本」と「白雪姫80周年記念オリジナルポストカード」を同封した初回限定モデルを用意している。また、同サービスのストーリーの主題歌としてPerfumeの「エレクトロ・ワールド」が決定し、本日から「テクノロジア魔法学校」のPVが公開された。

□ディズニー・プログラミング学習教材「テクノロジア魔法学校」公式PV

関連URL

テクノロジア魔法学校

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
GIGAスクール構想 標準仕様書スペックに対応したタブレット端末が登場 Sky安心GIGAタブレット Windows10 Office 365搭載 Sky
GIGAスクールでの表現活動に。 Adobe Spark 詳しくはこちら Adobe
Adobe Creative Cloud 一人年間500円以下 Adobe Creative Cloud 小中高向け 詳しくはこちら Adobe
NICA 全国ICTクラブ協会 《オンライン開催》 あなたもプロになれる! Webニュースライター講座

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス