1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 内田洋行、毎日新聞社の「ニュースがわかる」をデジタル化

2018年4月27日

内田洋行、毎日新聞社の「ニュースがわかる」をデジタル化

内田洋行は26日、毎日新聞社の「ニュースがわかる」をデジタル化し、教育コンテンツ配信サービス「EduMall (エデュモール)」で提供を開始した。

0427-uc
2020年から小学校で導入される新学習指導要領では、社会で活かせる資質や能力の育成が重視されているところから、ニュースと教科書の単元を結びつけ、それに関わるさまざまな題材を児童・生徒が議論し、意見をまとめて発表するといった授業方法に関心が高まっている。

こうした状況を背景に、内田洋行と毎日新聞社は協同で、ニュースが学べる小中学生向けの学習誌として毎日新聞社が発行する月刊「ニュースがわかる」をデジタル化し、内田洋行の教育用コンテンツ配信サービス「EduMall」に搭載、全国の教育委員会・小学校を対象にコンテンツの提供を開始した。

関連URL

EduMall

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
Classi 入試改革・新課程を見据えた 学校とICTのあり方を考える会 9.14 土 全国16拠点で同時開催! 詳細はこちら
プログラミングの基本が楽しく身につく、toio(TM)の特別ワークショップ資料公開! お得なセット新登場!!
NICA 全国ICTクラブ協会 無料セミナー Society5.0時代を生き抜く子どもを育てるための ママパパICT&プログラミング講座

アーカイブ

  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 探求学習 すらら×札幌新陽高校
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス