1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 岡山県立和気閑谷高、AIタブレット教材「Qubena」を公立高で初導入

2018年5月17日

岡山県立和気閑谷高、AIタブレット教材「Qubena」を公立高で初導入

COMPASSは16日、同社の AI型タブレット教材「Qubena」が、岡山県立和気閑谷高等学校で5月から指導教材として利用されていると発表した。公立高校では初の導入。

d24557-11-866965-0同校は、多くの中山間地の高校に見られる「生徒間の学力差」と「学習指導を行う教員の人手不足」を課題として抱えていたが、解決に繋がる教材として AI搭載の「Qubena」を採用、学習指導に導入することにした。

同校1年の全生徒を対象に、知識を体系的に積み上げる中学校段階までの算数・数学の基礎の底上げと、学習の動機付けと家庭学習への意欲喚起を行う。

具体的には、週5コマの数学の授業に毎時間「Qubena」の演習を取り入れ、家庭学習を促す。また、週1コマの学校設定教科「クロストレーニング」の時間を半分程度「Qubena」の演習に充て、家庭学習で理解が足りなかったところを支援する。

「Qubena」は、 生徒一人ひとりの学習中の操作ログや計算過程、回答データを分析することで、つまづく原因となっているポイントを特定。その生徒が解くべき問題へと自動的に誘導し、効果的で効率的な学習ができるようにする。

ちなみに、同社が運営する学習塾では中学校数学の1学年分の学習範囲を平均32時間で修了。これは、従来の学校教育の7倍の速度に匹敵するという。

関連URL

Qubena

新高3生対象 合格への戦略 Benesse 進研模試の成績と連動! 1.11から申込みスタート
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 新学習指導要領対応!チエル クラウド型デジタル教材 基礎・基本 国語検定
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • eラーニングの録画・配信 Matrox Monarch LCS
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録