1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. 宇部市、市内の小学校に英語学習AIロボットMusioをモデル導入

2018年6月12日

宇部市、市内の小学校に英語学習AIロボットMusioをモデル導入

人工知能エンジン及び人工知能ソーシャルロボットを開発しているAKAは11日、学研プラスとともに山口県宇部市内の市立小学校に英語学習AIロボットMusio(ミュージオ)をモデル導入、Musioを活用した英語授業を開始すると発表した。

0612-ms授業では、AKAが学研プラスと共同制作した小学生向け英語教材「Musio English」を使用し、英語に慣れ親しみながら、英語を話す練習を行う。小学校での英語教育は2020年度に、3年生から必修化、5年生から教科化される。

AKAが開発した英語学習AIロボット「Musio」は、自ら考えて会話ができ、その会話内容をだんだん覚えていくソーシャルロボット。アメリカのネイティブ英語を話し自然な英会話ができるチャットモードと、専用教材を使用しレベルや目的に合わせた英語学習ができるチューターモードがある。

また、 新しく追加されたエデュモードでは単語・パターン・会話の反復練習が可能になり、 各校の学習カリキュラムに合わせたコンテンツ制作や会話練習も可能なため、授業内で教員のサポートをすることも可能だという。

今回モデル導入したのは、厚東小学校、二俣瀬小学校、小野小学校の3校。

宇部市教育委員会は、「宇部市では、2020年からの新学習指導要領の実施を見据え、「聞くこと」「話すこと」の能力向上を図り、実践的な英語力の習得をめざして英語教育に力を入れています。小学生が、楽しんで日常的に英語を使う機会を作ることで、「使える英語」が身についていくことを期待し、今回モデル導入しました」と、コメントしている。

関連URL

Musio

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス