1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 子供の科学ミライサイエンスシリーズ第4弾は「人工知能」

2018年6月15日

子供の科学ミライサイエンスシリーズ第4弾は「人工知能」

誠文堂新光社は、『人工知能と友だちになれる?もし、隣の席の子がロボットだったら…マンガでわかるAIと生きる未来』を、6月22日刊行する。価格は1200円(税別)。

Amazonの解説

1924年創刊の月刊誌『子供の科学』が、未来を生きる子供たちにとって大切な科学を楽しく、わかりやすく紹介する新シリーズ “子供の科学★ミライサイエンス” シリーズ。第4弾のテーマは「人工知能」。

今の子供たちが大人になった社会では、現代に比べますます発展した 「人工知能」 が活躍していることだろう。人工知能と人間がどう一緒に生きていくのかを考えることは、子供たちにとって、未来を先取りして考えることにほかならない。

子供たちが自分の夢をカタチにするために、知識やスキルを伝える「子供の科学★ミライサイエンス」第4弾では、「もしも、人工知能ロボットがクラスに 転校 してきたら……」というマンガを通して、人工知能の “得意なこと ・ 苦手なこと” を楽しく、わかりやすく解説 する。

関連URL

誠文堂新光社

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス