1. トップ
  2. データ・資料
  3. 若年層ユーザーの半数が「SNSで新しい価値観に出会えた」、Fastask調べ

2018年6月15日

若年層ユーザーの半数が「SNSで新しい価値観に出会えた」、Fastask調べ

ジャストシステムは14日、マーケティングリサーチ情報サイト「Marketing Research Camp」で、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した「モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(5月)」の結果を発表した。

fa_report-monthly-20180614.pdf-000070この調査は、15歳〜69歳の男女1100人を対象に、5月25日〜28日にかけて実施。

それによると、FacebookなどのSNSを利用している人は64.5%で、そのうち本アカウントとは別に、自身の趣味に特化した情報収集や交流を行うための「趣味アカウント(趣味アカ)」を利用していたのは30.7%。

若年層に限ってみると、SNSを利用しているのは10代が86.0%、20代が79.5%で、そのうち「趣味アカ」を持っているのは10代が51.2%、20代が49.1%だった。若年層ほど「趣味アカ」を持つ傾向にあった。

SNS利用をきっかけとした生活の変化では、「これまで知らなかった場所や景色を知ることができた」との回答が55.6%(10代69.8%、20代55.3%)、「これまで知らなかった価値観を知ることができた」42.9%(10代46.5%、20代47.2%)、「新しい友人・知人と出会うことができた」37.4%(10代54.7%、20代45.3%)だった。

また、「SNS依存」という言葉を知っていたのは78.4%で、「SNS依存症という言葉を知っていて、普段から依存しないように意識している」人は23.0%、「SNS依存症という言葉を知っているが、特に意識して行動はしていない」人は55.4%だった。

「普段からSNS依存しないように意識している」人を年代別にみると、10代39.5%、20代28.3%に対し、50代は12.6%、60代10.9%。若年層ほど依存しないよう心がけている。

一方、SNSユーザーのうち20.0%が「SNSは自分の生活に必要不可欠なもの」と回答。年代別では10代36.0%、20代31.4%、30代17.6%、40代18.3%、50代9.0%、60代4.3%。若年層ほどSNSを必要不可欠なものと考えている人が多かった。

関連URL

調査結果の詳細

Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 小学校のフラッシュ英単語/英語表現 英語の授業がもりあがる! 無料体験版はこちら CHIeru
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • eラーニングの録画・配信 Matrox Monarch LCS
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録