1. トップ
  2. データ・資料
  3. 若年層ユーザーの半数が「SNSで新しい価値観に出会えた」、Fastask調べ

2018年6月15日

若年層ユーザーの半数が「SNSで新しい価値観に出会えた」、Fastask調べ

ジャストシステムは14日、マーケティングリサーチ情報サイト「Marketing Research Camp」で、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した「モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(5月)」の結果を発表した。

fa_report-monthly-20180614.pdf-000070この調査は、15歳〜69歳の男女1100人を対象に、5月25日〜28日にかけて実施。

それによると、FacebookなどのSNSを利用している人は64.5%で、そのうち本アカウントとは別に、自身の趣味に特化した情報収集や交流を行うための「趣味アカウント(趣味アカ)」を利用していたのは30.7%。

若年層に限ってみると、SNSを利用しているのは10代が86.0%、20代が79.5%で、そのうち「趣味アカ」を持っているのは10代が51.2%、20代が49.1%だった。若年層ほど「趣味アカ」を持つ傾向にあった。

SNS利用をきっかけとした生活の変化では、「これまで知らなかった場所や景色を知ることができた」との回答が55.6%(10代69.8%、20代55.3%)、「これまで知らなかった価値観を知ることができた」42.9%(10代46.5%、20代47.2%)、「新しい友人・知人と出会うことができた」37.4%(10代54.7%、20代45.3%)だった。

また、「SNS依存」という言葉を知っていたのは78.4%で、「SNS依存症という言葉を知っていて、普段から依存しないように意識している」人は23.0%、「SNS依存症という言葉を知っているが、特に意識して行動はしていない」人は55.4%だった。

「普段からSNS依存しないように意識している」人を年代別にみると、10代39.5%、20代28.3%に対し、50代は12.6%、60代10.9%。若年層ほど依存しないよう心がけている。

一方、SNSユーザーのうち20.0%が「SNSは自分の生活に必要不可欠なもの」と回答。年代別では10代36.0%、20代31.4%、30代17.6%、40代18.3%、50代9.0%、60代4.3%。若年層ほどSNSを必要不可欠なものと考えている人が多かった。

関連URL

調査結果の詳細

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
GIGAスクール構想 標準仕様書スペックに対応したタブレット端末が登場 Sky安心GIGAタブレット Windows10 Office 365搭載 Sky
GIGAスクールでの表現活動に。 Adobe Spark 詳しくはこちら Adobe
Adobe Creative Cloud 一人年間500円以下 Adobe Creative Cloud 小中高向け 詳しくはこちら Adobe
NICA 全国ICTクラブ協会 《オンライン開催》 あなたもプロになれる! Webニュースライター講座

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 国内メーカーならではの手厚い対応/無償保証 「GIGAスクール構想」対応ネットワークソリューション AlaxalA
  • vmware GIGAスクール構想 文科省標準仕様に対応した MDM
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス