1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. プログラムに“ふりがな”をふって解説するまったく新しい入門書

2018年6月25日

プログラムに“ふりがな”をふって解説するまったく新しい入門書

インプレスは22日、プログラミングの初学者や途中で挫折してしまった入門者を対象にした新シリーズ「ふりがなプログラミングシリーズ」の刊行を開始し、『スラスラ読めるJavaScriptふりがなプログラミング』と『スラスラ読めるPythonふりがなプログラミング』の2冊を同時発売した。

d5875-2218-737033-4同シリーズでは、違和感のない形で同じことを繰り返し説明するために「ふりがな」という表現手法を採用。書籍全体を通して、プログラムの上にふりがなを振っているため、学んだことを忘れてしまっても、ふりがなを読めばすぐに意味を理解することができる。

また、ふりがなを振っただけでは個々の単語や記号の意味しか分からないため、単語間を補って日本語で意味が通じる文に直した「読み下し文」も用意した。「ふりがな」と「読み下し文」という2つの工夫により、プログラムの1行1行が何を意味していて、どう動くのかが理解できるようになり、プログラミング入門者が途中で挫折してしまう原因を解決した。さらに、学習中に遭遇することが多いエラーメッセージにもふりがなを振って、その意味を説明した。

ともにA5判192ページで、価格は1850円、電子版1660円 (いずれも税別)。2冊はネット書店などで予約が殺到したため、同時に発売前重版が決定したという。

関連URL

『スラスラ読めるJavaScriptふりがなプログラミング』

『スラスラ読めるPythonふりがなプログラミング』

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス