1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 教育や学びのあり方を考える「未来の学びフェス」、8月に開催

2018年6月25日

教育や学びのあり方を考える「未来の学びフェス」、8月に開催

河合塾と「未来のマナビフェス」実行委員会は 、中等教育・高等教育・企業の人材育成に関わる関係者などを対象とした「未来のマナビフェス ~2030年の学びをデザインする~」を8月9日・10日の2日間、東京の武蔵野大学有明キャンパスで開催する。

このフェスは、教育や学びのあり方を考えるための最先端の知識が2日間で学べるほか、参加者同士でそれぞれの問題意識を交換し合う「高・大・社接続のワンストップ・チャネル」の場」を提供。

また、高・大・社を接続する「高校教育」「大学教育」「未来の働き方」「将来のキャリア形成」についての情報報供も行う。

2020年の大学入試改革の先を見据えた「高・大・社を接続する教育イベント」で、あらゆる参加者が、高校・大学社会の枠を越えて、自由に交流できる空間を創りたいという。

開催概要

開催日時:8月9日(木)10:00~15:00、10日(金)9:30~18:15
開催場所:武蔵野大学有明キャンパス [東京都江東区有明3-3-3]
参加対象:主に高等教育・中等教育に関わる教職員と行政関係者、学生、保護者、企業の人材育成に関わる関係者など(今回は対象者限定)
参加費:5000円(税込/2日間)
定員:1000人

詳細

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
出展情報・商談予約 6月19日~21日開催 EDIX2019 出展者特集

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス