1. トップ
  2. データ・資料
  3. 東京大学、「世界大学ランキング」で最高位を更新し23位に

2018年6月8日

東京大学、「世界大学ランキング」で最高位を更新し23位に

世界的な高等教育機関調査会社QS(Quacquarelli Symonds)が7日に公表した「世界大学ランキング(QS World University Rankings)」で、日本国内1位の東京大学が世界ランキングの順位を昨年度の28位から23位に上げ、過去10年間での最高順位を更新した。

d20963-18-777498-3世界的に見ると、米マサチューセッツ工科大学が7年連続世界1位で、アジアではシンガポール国立大学(世界11位)が最高順位。

QSは、2004年から毎年、世界大学ランキングを発表しており、現在、85カ国の世界上位1000校の大学をランク付けしている。それによると、世界ランキング上位1000校に選ばれた日本国内の大学は44校で、昨年から1校増えた。また、世界ランキング上位100校のうち日本国内の大学は5校で韓国と同数。アジアでは中国の6校が最多だった。

今年のランキングで、日本国内の大学は17校が順位を上げ、15校が昨年と同位(または同バンド)、11校が順位を落とした。新規のランクイン校は京都工芸繊維大学1校だけ。

東京大学は評価指標のうち、Academic Reputation(学術関係者からの世評)のスコアは世界第7位、Employer Reputation(雇用者からの世評)のスコアは世界第13位。また、同校は世界の研究機関上位100校にもランクインしている。

全体として日本の大学は概ね好評価を獲得しているが、ランクインした日本の44校のうち、27校がQSのAcademic Reputationランクを落としており、国際的な学術コミュニティーで、以前と比べて日本の大学の威信の相対的な低下が示唆されている。

日本の研究パフォーマンスも相対的に悪化し、44大学のうち37大学がCitations per Faculty(教員一人当たりの被引用数)のスコアが低下。

また、世界的に見て日本の大学の国際性も相対的に低下。日本の大学34校がInternational Student Ratio(留学生比率)のランクを落とし、44校中41校がInternational Faculty Ratio(外国人教員比率)のランクを落としている。

関連URL

ランキング詳細

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi 導入事例 客観的データに基づく学習指導 佐賀県立致遠館中学校・高等学校
自立学習型能力開発 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 導入事例をご紹介 速読解力講座 速読聴英語講座 簡単入力で資料請求
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
時間と距離の課題をICTでクリア 島しょ部の生徒たちに刺激と交流の機会を マイナビニュース PR:シスコシステムズ
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 個別商談会受付中!
  • スタディサプリ これがICT教材のトータルパッケージ 1分で資料入手!
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス