1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 鈴鹿サーキットと三重大学、共同開発した校外学習プログラムが始動

2018年7月10日

鈴鹿サーキットと三重大学、共同開発した校外学習プログラムが始動

鈴鹿サーキットは9日、三重大学教育学部の監修により共同開発を進めてきた「新学校団体プログラム」について、本格運用を開始すると発表した。

0710-suzuka同プログラムは、新小学校学習指導要領に沿って形成された鈴鹿サーキット独自の学習プログラムで、昨年度は小学5・6年生を対象に12校で試験実施を重ね、産学連携に関わる包括協定を締結している三重大学教育学部のアドバイスをもとに改良を加えてきた。

「未来のクルマ」を題材に、アクティブ・ラーニングの1つであるジグソー学習を活用して、各グループのメンバーが「メカニック体操」「デザイナー体操」「モータースポーツ体操」「エネルギー実験」のワークショップの中から興味のあるものを選択し、それぞれのワークショップで学んだ知識を持ち寄って異なる視点から意見交換をすることで、自動車産業や環境についての学びを深め、子ども同士の活発なコミュニケーションを促すことを目的としている。

三重大学との産学連携の取り組みの一環として、19日に同大教育学部附属小学校の5年生が同プログラムに参加する。

関連URL

新学校団体プログラム

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
YubiPlus 先生方にもテレワークを! 狭山市導入事例 詳しくはこちら
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
NEWSサイト作成・運営 オウンドメディアに最適 wanitel

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス