1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. クラウドeラーニング「LearnO」、OEMブランドでの販売を展開

2018年7月11日

クラウドeラーニング「LearnO」、OEMブランドでの販売を展開

Mogicは10日、eラーニングシステム「LearnO(ラーノ)」で、カテノイドとOEM連携するためにパートナーシップ契約を締結したと発表した。

d4876-36-880587-0「LearnO」は、契約者の負担金額を月額9800円~(税別)に抑えながら、継続的に機能を追加してきたことで、ここ数年で利用者が大幅増加。そこで、さらなる顧客満足度の向上と販売網の拡充を目指し、今回、カテノイドとパートナーシップ契約を締結した。

「LearnO100」にカテノイドの動画コンテンツと動画配信プラットフォーム「Kollus」を連携して、OEMブランド「Kollusラーニング」として月額1万5800円~(税別)の安値価格帯で提供していく。

カテノイドが提供する「Kollus」は、韓国で200社以上の企業が導入しているオンラインビデオプラットフォーム。

特に、韓国の教育コンテンツ配信で培ったノウハウから、eラーニングの動画配信に必要な倍速、字幕、連続再生などはすべて実装しており、360度映像の配信プレイヤーといった新しい機能も利用できる。

Mogicは今後、国内外を問わずに専門業種と提携を強化し、IT教育で生まれる付加価値を最大限に広げられるように進めていく方針だという。

関連URL

LearnO

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス