1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 岩手県、国際シンポジウム「ILCが開く科学の未来」を東京で開催

2018年7月12日

岩手県、国際シンポジウム「ILCが開く科学の未来」を東京で開催

岩手県は、ICL推進国際シンポジウム「ILCが開く科学の未来」を8月5日に東京・お茶の⽔⼥⼦⼤学で開催する。

_prw_PI1lg_ZyPnkR6Gノーベル物理学賞受賞者を招き、「ノーベル賞受賞者に聞く ILCが開く科学の未来」と題した講演を行う。

国際リニアコライダー(ILC)は、従来の加速器を性能的に⼤きく凌駕する、全⻑約20kmの次世代・最新鋭の加速器。

ビッグバン直後の素粒⼦の反応を再現し、宇宙の謎、時間と空間の謎、質量の謎に迫る。人類の自然理解を新しい時代に導き、「宇宙の常識」を様変わりさせる可能性を持つ⼤型科学実験計画だという。

シンポジウムは⼊場無料で先着順1000⼈まで。ノーベル賞を受賞したシェルトン・グラショウ博⼠とバリー・バリッシュ博⼠が登壇。また、⽇本⼈ノーベル賞受賞者の⼩柴昌俊博⼠、⼤隈良典博⼠も映像出演する。

開催概要

開催日時:8⽉5⽇(日)14:00~17:00
開催会場:お茶の⽔⼥⼦⼤学徽⾳堂 [東京都⽂京区⼤塚2-1-1]

詳細・申込

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×学びのカスタマイズ
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス