1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. マイクロソフト、新製品 「Surface Go」 教育機関向けは4万7800円

2018年7月12日

マイクロソフト、新製品 「Surface Go」 教育機関向けは4万7800円

マイクロソフトは11日、Surfaceの新製品 「Surface Go」 Wi-Fiモデル2機種を公開、予約受付を開始すると発表した。発売開始は、8月28日。

02_Surface_Go_accessories

Surface Go

「Surface Go」は、同シリーズで最も軽い約552グラム、薄さ8.3mm、10インチPixelSenseディスプレイを搭載し、筆圧対応のペンやタッチ入力、Windows Hello による生体認証、新企画のUSB-Cに対応する。ノートPCのパフォーマンスとタブレットの携帯性を両立したことで自宅、オフィスや学校、移動中など、どこでも快適に利用できるという。

教育機関向けモデル4万7800円、法人向けモデル5万2800円、一般向けモデル6万4800円から(いずれも税抜、参考価格)。Office Home & Business 2016は一般向けモデルのみ。

日本マイクロソフト 平野 代表取締役

日本マイクロソフト 平野 代表取締役

移動の多いコンシューマー、これまでデジタル技術のメリットを享受しにくかった工事や建設現場、医療、販売など様々な業種の最前線、教育機関が主な対象。

また、Wi-Fi モデルに加え、2018 年内には LTE モデルの発売も予定している。

教科書と並べたSurface GO

教科書と並べたSurface GO

発表会で、日本マイクロソフトの平野拓也代表取締役は、「教育機関においてパソコンなどのICT機器の導入が有るか無いかで、調べるスピード、子どもの好奇心や関心、学びの質に差が生じており、それらを活用する教師のICTへの理解にも課題がある」と語り、同社が提供する教師支援のトータルサポートの活用を薦めた。

またSurfaceビジネス本部の小黒信介本部長は、「プログラミング学習必修化に伴いキーボード入力の重要性が見直されていると認識しています。“Surface Go”は、小型で教科書と一緒に机に収まるサイズでありながら、別売りのSurface Go Signature タイプカバーを接続することでキーボード入力も可能であり、課題解決につながると思う」とキーボードの必要性について語った。

■「Surface Go」動画

関連URL

Surface Go

日本マイクロソフト

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 児童生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス