1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. マイクロソフト、幼稚園〜中学校の授業をサポートする「Windows 11 SE」と「Surface Laptop SE」を発表

2021年11月12日

マイクロソフト、幼稚園〜中学校の授業をサポートする「Windows 11 SE」と「Surface Laptop SE」を発表

マイクロソフトは9日、K-8(幼稚園年長〜中学校)の授業をサポートするために開発された 「Windows 11 SE」と「Surface Laptop SE」を発表した。

「Windows 11 SE」は、日本では幼稚園〜中学校が主な対象。学校がブレンド型学習(オンラインと対面授業の混合)で直面する課題に対処するため設計・開発された。教育現場で最も利用されているMicrosoft 365 アプリケーションなどの使用に最適化され、オンラインとオフラインの両方をサポートする。

Word、PowerPoint、Excel、OneNote、OneDrive などのMicrosoft Office アプリケーションを、Microsoft 365 のライセンスの一部としてオフラインで使用できる。OneDrive は、ローカルでファイルを保存し、生徒がオフラインの時にもアクセスできる。学校に戻ってインターネットにアクセスできるようになると、オフラインでの変更を自動的に同期する。

IT 管理者はどこからでも Windows 11 SE デバイスを管理でき、クラウドで管理すれば、デバイスは常に最新の状態に保たれ、設定されたポリシーに基づいて、自動的に、授業時間外にアップデートが行われ、すべてのデバイスに適切なアプリケーションとポリシーを安全に展開できる。

また、生徒向けにカスタマイズされた、249ドルからの「Surface Laptop SE」などのWindows 11 SE搭載デバイスも発表。Acer、ASUS、Dell、Dynabook、富士通、HP、JP-IK, Lenovo、Positivo などから提供される。

Surface Laptop SEの、日本の幼稚園〜高等学校を主に提供する参考価格は27800円(税抜)から。K-8を対象とした初めてのSurfaceで、11.6インチのスクリーン、720p HD フロントカメラ、ステレオスピーカーを搭載。バッテリー持続時間は最大16時間だという。

Microsoft Surface Laptop SE

関連URL

Windows 11 SE 詳細(英語)

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス