1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 九州工業大、ネットワーク環境に「Big Monitoring Fabric Inline」導入

2018年7月4日

九州工業大、ネットワーク環境に「Big Monitoring Fabric Inline」導入

ビッグスイッチネットワークスは3日、同社の「Big Monitoring Fabric Inline」が九州工業大学に導入されたことを発表した。

同製品は、DMZレイヤと呼ばれる、組織内と外部ネットワークのセキュリティ境界のトラフィックを、フローベースで簡単にチェイニング (連鎖) させることのできるSDNコントローラー。

九州工業大学の情報基盤運用室では、教職員および学生に対して利便性の高いICTインフラを提供しながら安全なネットワーク環境を維持するため積極的に取り組んできた。

今回の「Big Monitoring Fabric Inline」の導入により、本番データを使った実環境において、しっかりとしたインライン検証を手軽に行うことが可能となった。また、直感的なGUIは、ネットワーク上のトラフィック状況を可視化できるだけでなく、ボタン1つでトラフィックの出し入れができるため、機器の切り替え・切り離しを容易に行うことができるようになっている。

情報基盤運用室では、引き続きポリシーベースの詳細なトラフィック制御に取り組むほか、今後も継続的なファイアウォール・UTM検証に同製品を活用することを予定している。

関連URL

ビッグスイッチネットワークス

新高3生対象 合格への戦略 Benesse 進研模試の成績と連動! 1.11から申込みスタート
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 新学習指導要領対応!チエル クラウド型デジタル教材 基礎・基本 国語検定
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • eラーニングの録画・配信 Matrox Monarch LCS
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録