1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 九州工業大、ネットワーク環境に「Big Monitoring Fabric Inline」導入

2018年7月4日

九州工業大、ネットワーク環境に「Big Monitoring Fabric Inline」導入

ビッグスイッチネットワークスは3日、同社の「Big Monitoring Fabric Inline」が九州工業大学に導入されたことを発表した。

同製品は、DMZレイヤと呼ばれる、組織内と外部ネットワークのセキュリティ境界のトラフィックを、フローベースで簡単にチェイニング (連鎖) させることのできるSDNコントローラー。

九州工業大学の情報基盤運用室では、教職員および学生に対して利便性の高いICTインフラを提供しながら安全なネットワーク環境を維持するため積極的に取り組んできた。

今回の「Big Monitoring Fabric Inline」の導入により、本番データを使った実環境において、しっかりとしたインライン検証を手軽に行うことが可能となった。また、直感的なGUIは、ネットワーク上のトラフィック状況を可視化できるだけでなく、ボタン1つでトラフィックの出し入れができるため、機器の切り替え・切り離しを容易に行うことができるようになっている。

情報基盤運用室では、引き続きポリシーベースの詳細なトラフィック制御に取り組むほか、今後も継続的なファイアウォール・UTM検証に同製品を活用することを予定している。

関連URL

ビッグスイッチネットワークス

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
YubiPlus 校務情報を安心・安全に利用 校務用PCの二要素認証ログイン 秀明英光高等学校 導入事例 詳しくはこちら
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
NEWSサイト作成・運営 オウンドメディアに最適 wanitel

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス