1. トップ
  2. データ・資料
  3. 夏休みのスマホ利用の平均増加時間は184.4分、GMOメディア調べ

2018年8月1日

夏休みのスマホ利用の平均増加時間は184.4分、GMOメディア調べ

プリキャンティーンズラボ byGMOは、女子中高生を対象に「夏休みとスマホの使い方に関する調査」を実施し、その結果を7月31日に公表した。

summervacation-and-sns003回答者の年齢は13歳~15歳がボリュームゾーンとなり、属性別では中学生 (56.2%) が高校生 (43.8%) を上回った。また、スマートフォンの所有率は99.0%とほとんどが持っており、利用しているスマートフォンはiOSが過半数 (54.4%) を占めた。

女子中高生に「夏休みにやりたいこと」を訊いたところ、「お祭りに行きたい」が8割を超えて最多、次いで「花火大会に行きたい」が約7割に上った。また、「夏休みの予定を調べ始めるタイミング」を訊ねたところ、約半数が「期末テスト後から夏休みに入る直前のタイミング」で予定を立て始めることが分かった。さらに「夏休みの予定を調べる方法」としては、「インターネット検索」が約7割で最多となり、次いで「Twitter」「Instagram」と続いた。

summervacation-and-sns008夏休みになるとスマートフォンを利用する時間が増えると約7割が回答、増えると答えた人の平均増加時間は184.4分 (約3時間) となった。利用時間が増えることは「友達との連絡」が8割を超え、次いで「音楽を聞く」「動画の視聴」と続いた。

「インターネットを通じて知り合いができたことがあるか」を訊ねたところ、「ある」が6割を超えた。「知り合いができたサービス」は「Twitter」が6割を超えて突出する結果となった。さらに「知り合いができたことがある」と答えた人に「実際に会ったことがあるか」を訊いたところ、「実際に会ったことがある」が約4割に上った。会ったことのある相手の性別については「同性」が約9割で「異性」は約3割にとどまった。

インターネットで実際にトラブルを経験したことのある女子中高生は約2割で、「ある」と答えた人に「トラブルを相談した人」を訊いたところ、「リアルの友達」41.4%が最多となったものの、「一人で解決した」31.5%、「特に何もしていない」18.0%など、誰にも相談しない人も多いことが分かった。

関連URL

調査の詳細

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
出展情報・商談予約 6月19日~21日開催 EDIX2019 出展者特集

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス