1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 「第30回全日本ロボット相撲 九州大会」10月21日福岡で開催

2018年8月23日

「第30回全日本ロボット相撲 九州大会」10月21日福岡で開催

富士ソフトは、「第30回全日本ロボット相撲 九州大会」を10月21日に、福岡工業大学・FIT アリーナで開催する。

ロボット相撲は、参加者が自作したロボットを力士に見立て、技術とアイデアで相手を土俵から押し出す競技。

昨年度九州大会の模様

昨年度九州大会の模様

「全日本ロボット相撲大会」は、ロボット作りを通して『ものづくり』の楽しさを知ってもらう場を提供することを目的に1990年から開催し、今回で30回目を迎える国内最大規模のロボット競技大会。

全国6カ所で行われる地区大会に参戦する約1000台の中から勝ち進んだ128台が全国大会に進出し、優勝者には文部科学大臣杯と文部科学大臣賞、高校生の部の優勝者には文部科学大臣賞が授与される予定。

九州大会は、地区大会が始まった1993年(第5回)以来、福岡県で開催している。昨年の「高校生の部」、自立型で全国2位となった大分県立大分工業高校や、ラジコン型で全国3位となった福岡工業大学附属城東高等学校など、九州地区には高い技術力を誇る全国屈指の強豪校が揃っている。どの学校が全国大会行きを決めるのか、今年も白熱した対戦が期待される。

開催概要

開催日時:2018年10月21日(日) 11:00開会式/11:30試合開始/15:30表彰式
開催場所:福岡工業大学・FIT アリーナ [福岡県福岡市東区和白東3 丁目30-1]
入場料:無料
出場台数:約180台
全国大会出場枠:
高校生の部 自立型5台、ラジコン型6台
全日本の部 自立型5台、ラジコン型5台
*小さな子どもから大人まで気軽に楽しめるプログラミング教材ロボットのプロロ(Proro)を使ったプログラミング体験を実施する。

関連URL

全日本ロボット相撲大会

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス