1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 「第30 回全日本ロボット相撲 北信越・東海大会」9月23日に三重で開催

2018年7月27日

「第30 回全日本ロボット相撲 北信越・東海大会」9月23日に三重で開催

富士ソフトは、「第30 回全日本ロボット相撲 北信越・東海大会」を、9月23日に三重県立松阪工業高等学校で開催する。

0727-fs

昨年度東海大会の模様

ロボット相撲は、参加者が自作したロボットを力士に見立て、技術とアイデアで相手を土俵から押し出す競技。「全日本ロボット相撲大会」は、ロボット作りを通して『ものづくり』の楽しさを知ってもらう場を提供することを目的に1990年から開催し、今回で30回目を迎える国内最大規模のロボット競技大会。

全国6カ所で行われる地区大会に参戦する約1000台の中から勝ち進んだ128台が全国大会に進出し、優勝者には文部科学大臣杯と文部科学大臣賞、高校生の部の優勝者には文部科学大臣賞が授与される予定。

今大会から、北信越地区と東海地区で開催していた大会を統合し、北信越・東海大会として開催する。昨年の「高校生の部」では、全国大会常連校である四日市中央工業高等学校をはじめ、尾鷲高等学校、伊賀白鳳高等学校、地元の桑名工業高等学校ら強豪ぞろいの三重県勢をはじめとした東海地区の出場校に対し、富山県・長野県・石川県勢である北信越地区の出場校の熱戦が期待される。

開催概要

開催日時:2018年9 月23 日(日) 11:00開会式/11:30試合開始/15:30表彰式
開催会場:三重県立松阪工業高等学校 [三重県松阪市殿町1417]
出場台数:約200台
入場料:無料。だれでも観戦できる。

イベント:小さな子どもから大人まで気軽に楽しめるプログラミング教材ロボットのプロロ(Proro)を使ったプログラミング体験を実施する。

関連URL

全日本ロボット相撲大会

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
SHARP BIG PAD Capmus 「GIGAスクール」時代に欠かせないツール 電子黒板とは?
GIGAスクール構想実現のポイントは? Ciscoならネットワークからセキュリティまで CISCO
NICA 全国ICTクラブ協会 あなたもプロになれる! Webニュースライター講座

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス