1. トップ
  2. データ・資料
  3. カスペルスキー、子ども・青少年の「今夏のオンライン閲覧実態」を分析

2018年9月10日

カスペルスキー、子ども・青少年の「今夏のオンライン閲覧実態」を分析

カスペルスキーは、Kaspersky Lab製品に搭載されている「保護者による管理」機能の統計データから、世界中の子どもや青少年がこの夏休み期間にオンラインで何を閲覧・検索していたか分析した結果をまとめ、7日に発表した。

d11471-95-242891-0それによると、世界全体でみると今夏、子どもたちはSNSよりも動画コンテンツを見たり、音楽を聴いたりして過ごす傾向にあったという。YouTubeを見ている時間が長く、特にユーチューバーのPewDiePie(ピューディパイ)が高い関心を集めていた。

また、Netflixなどの動画サイトでTVシリーズを見て過ごす時間も長く、Nickelodeon、Cartoon Network、Disney channelや、スポンジ・ボブなどのアニメが好まれている。

音楽鑑賞にはSpotify、SoundCloud、iTunesなどのストリーミングサービスがよく使われており、最も人気だったジャンルはラップ。有名なラッパーXXXTentacion(エクスエクスエクステンタシオン)の殺害事件が起きたときには、彼の死に関する情報の検索が増加し、多くの子どもたちがXXXTentacionの音楽を聞いたため再生数が急上昇した。

BBCやCNN、BuzzFeedなどのニュースサイトへのアクセスも増加した。また、2018FIFAワールドカップ(ロシア)の最新情報や試合結果も多く見られた。オンラインゲームも人気で、世界中の子どもたちが特に好んだのは「フォートナイト」。「PUBG」に代わって人気ゲームの座に着いた。

また、子どもたちはファッションやスマートフォン端末にも興味を示した。オンラインストアではeBay、Amazon、Aliexpress、ASOS、H&Mがアクセスを集め、ブランドではNike、adidas、Supreme、Gucci、VANSが大人気だった。スマートフォン端末は、iPhoneとGalaxyの関心が高かった。

ゲームや動画、音楽とともに、子どもたちが成人向けコンテンツのWebサイトを頻繁に検索していたことも注目すべき結果。

また、オンラインプライバシーへの関心も見られた。子どもたちは積極的にインターネットで検索エンジンDuckDuckgoを探し、VPNについて調べていた。

「保護者による管理」は、コンピューターやインターネット利用における悪影響から子どもや青少年を保護するセキュリティ対策機能。有害サイトのフィルタリングやインターネット利用時間の設定など、保護者は子どものインターネットやゲームなどの利用を適切に管理、制限することができる。

今回のレポートは、2018年6月~8月中旬までに、Windows PCおよびMacからアクセスのあったWebサイトと、Windows PC、Mac、Android、およびiOSデバイスからの検索活動について、ユーザーから同意を得た上で、匿名で集めた統計データを分析した。

関連URL

分析結果の詳細(英語)

KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 選定 調達 導入 運用 まとめてサポート
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
ロボットとならはずかしくない!間違えたって英語で話そう!英会話ロボットはチャーピー Charpy
教育ICT 大規模導入!in 熊本市 NTT DOCOMO
早期お申込がおトク!2019年新人・新卒者研修 春の先得キャンペーン KENスクール 法人研修サービス
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の学習塾 ICT活用事例はこちら すらら
  • お試し無料 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • 先生!ひょっとしてeラーニングでお悩みですか?
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • みらいスクールステーション 大型提示装置の活用が“ぐん”と広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス FUJISOFT
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス