1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 「Tech Kids Grand Prix」総合優勝はオリジナルゲーム「オシマル」の宮城采生さん

2018年9月25日

「Tech Kids Grand Prix」総合優勝はオリジナルゲーム「オシマル」の宮城采生さん

Tech Kids Schoolは24日、小学生のためのプログラミングコンテスト「Tech Kids Grand Prix」の決勝プレゼンテーションを、東京・渋谷のヒカリエホールで開催した。

ファイナリストと審査員

ファイナリストと審査員

「Tech Kids Grand Prix」は、VISION(ビジョン:子どもたちの掲げる夢や実現したい世界観)、PRODUCT(プロダクト:夢を実現するクリエイティブなアイデアとそれを体現した作品)、PRESENTAION(プレゼンテーション:自身のビジョンやプロダクトを社会に発信していく姿勢)の3つの観点から、審査を行うもの。

1019件のエントリーからファイナリストに残ったのは、「ゲーム部門」「自由制作部門」それぞれ6名ずつの12名。

開発に使用された環境は、小学生のプログラミングツールとして最もポピュラーな「Scratch(スクラッチ)」をはじめ、「C#」「Swift」「Python」「flutter」と様々。

総合優勝の宮城采生さん

総合優勝の宮城采生さん

1000人以上が入ったホールでそれぞれ5分間のプレゼンテーションを行い、「ゲーム部門」の1位は京都府の小学5年生宮城采生(みやぎ さい)さんの「オシマル」に、「自由制作部門」の1位は東京都の小学6年生菅野 晄(すがの ひかり)さんの「写刺繍(Sha-Shi-Shu)」に決定した。

プレゼンテーションする宮城さん

プレゼンテーションする宮城さん

また、各部門1位から選出される総合優勝は宮城采生さんが選出された。
宮城さんのゲーム作品「オシマル」は、動物ブロックの重さやスピード、エネルギーを考えつつ、CPUのブロックを阻止しながら、慈雲のブロックを先に敵陣のゴールさせる新しい「押し相撲」ゲーム。ゲームのデザイン、プログラム、ロジックまで完全オリジナルゲームだという。

「Tech Kids Grand Prix」は、『21世紀を創るのは、君たちだ。』をスローガンに、次世代のイノベーター発掘を目指す大会で、学校教育とは一線を画す小学生プログラマーの頂上決戦を目指す大会。

表彰では小学生大会としては異例の賞金(各部門1位20万円、2位15万円、3位10万円、オーディエンス賞10万円)が設定されており、プロの大会のようなモチベーションを提供している。

各部門のファイナリスト

<ゲーム部門>
1位 宮城 采生 (京都府 5年) 作品名:オシマル
2位 羽柴 陽飛 (東京都 6年) 作品名:Point vs. Line
3位 長谷部 環 (静岡県 3年) 作品名:宇宙突戦争
– 大竹 悠太 (東京都 5年) 作品名:Crazy Drive VR
– 齋藤 之理 (東京都 3年) 作品名:素数の世界
– 玉川 蓮  (東京都 5年) 作品名:Action Bugs

<自由制作部門>
1位 菅野 晄  (東京都 6年) 作品名:写刺繍(Sha-Shi-Shu)
2位 澁谷 知希 (東京都 5年) 作品名:今日の洋服何着てく?
3位 吉田 拓隼 (東京都 5年) 作品名:たべガチャ
– 大嶺 結葉 (沖縄県 6年) 作品名:Veg-葉
– 岡村 有紗 (大阪府 6年) 作品名:RemindMe
– 柴田 謙  (カナダ 6年) 作品名:うんちく

関連URL

Tech Kids Grand Prix

新高3生対象 合格への戦略 Benesse 進研模試の成績と連動! 1.11から申込みスタート
EDIX関西2018 出展社特集 公開中・募集中
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の学習塾 ICT活用事例はこちら すらら
  • 学校現場のICT活用情報 冊子を無料でお届け チエルマガジン申し込みへ
  • 先生!ひょっとしてeラーニングでお悩みですか?
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • みらいスクールステーション 導入校が驚いた想定外の利用率! 教室ノートPCに代わる教育ICT専用端末 FUJISOFT
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス