1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 「LITALICO発達ナビ」、福祉施設向けに「研修・教材サービス」提供

2018年9月4日

「LITALICO発達ナビ」、福祉施設向けに「研修・教材サービス」提供

LITALICOが運営するポータルサイト「LITALICO発達ナビ」は、児童発達支援事業所・放課後等デイサービス事業所といった福祉施設向けの新たな業務支援サービスとして、「研修・教材サービス」を4日から提供開始する。

d25994-54-453377-0同サービスでは、子どもの支援方法や専門知識を分かりやすく手軽に学べるeラーニングを提供する。支援実践の基礎を1本2~3分の短い動画で分かりやすく伝えるとともに、行動分析をベースにした子どものアセスメント力の向上、発達障がいの子どもの多様な特性の理解など、支援の様子を撮影した実践的な内容となっている。

動画の視聴状況やテストの受講状況の管理もでき、場所や時間を選ばず、初任者の研修やスタッフ間で支援の土台となる「共通言語」の習得に利用することができる。当初は50本ほどの動画を用意し、随時追加を予定している。

また、同社が運営する「LITALICOジュニア」で使用している教材の一部を開放し、契約事業所も利用できるようにする。これにより、教材制作のために費やす時間を大きく短縮できるとともに、これまでノウハウがなくてできなかったことなど、支援の幅を広げることにも活用できる。計算や文字の読み書きといった学習面、言葉がけやセルフコントロールといったソーシャルスキル、時間管理や金銭管理といったライフスキルのカテゴリーなど、未就学児から学齢期まで、継続的に年間100セット近くの教材のリリースを予定している。

さらに、管理者向けに施設運営情報の研修・解説を提供する。契約・退所、支援計画立案、請求、報酬といったテーマごとに、動画で分かりやすく解説する機能や用語集などを提供し、複雑な運営ルールへの対応についてもサポートする。

利用料は月額1万9800円から (年間契約)。他のサービスとの組み合わせによる割引もある。

問い合わせ先

Email:info_facility@h-navi.jp

関連URL

LITALICO発達ナビ

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス