1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 「QUREO」、プログラミング学習理解度を可視化する「成績機能」を追加

2018年9月5日

「QUREO」、プログラミング学習理解度を可視化する「成績機能」を追加

サイバーエージェントの連結子会社アプリボットは4日、小学生向けオンラインプログラミング学習サービス「QUREO(キュレオ)」で、利用者の子ども個人のプログラミング学習理解度を可視化する新機能「成績機能」の提供を開始した。

0905-qr
「QUREO」は、プログラミング未経験の子どもでも簡単なマウス操作を中心に、全480のレッスンをクリアしていくことで、If、ループ、乱数、変数など50項目に及ぶプログラミングの基礎を効果的に学ぶことができるオンラインプログラミング学習サービス。

ガイドキャラクターによるナビゲーションや、丁寧な説明動画を見ながら取り組むゲームづくりを通じて、子どもが楽しみながら自発的に学習を進められるのが最大の特長。

今回、新たに提供した「成績機能」は、「QUREO」のレッスンのクリア状況から、利用者の子ども個人のプログラミング学習理解度を判定し可視化する機能。

「QUREO」は、プログラミングの基礎概念となるIfや関数などといった各項目ごとに理解度を判定する仕組みを独自に開発。これにより子どもは自身の得意・苦手項目が明らかになり、復習すべきレッスンが分かるようになる。

また、項目ごとの理解度をまとめた総合成績も判定し、その7段階のランクによってデザインの異なる「ランクバッジ」をマイページに表示することで、子どもたちの学習意欲を刺激する。

今後、保護者・指導者向けに、より詳細な学習理解度がわかる「保護者向け成績機能」の提供も予定している。

「QUREO」の利用料は月額1240円(税込・12カ月プラン)~。始めの1~20レッスンは無料で体験できる。

関連URL

QUREO

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス