1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. プログラミング学習ゲーム「コードガールこれくしょん」に新モード

2018年10月17日

プログラミング学習ゲーム「コードガールこれくしょん」に新モード

ギノは、学習サービス「paiza(パイザ)」内で提供しているプログラミング学習ゲーム「コードガールこれくしょん」で、人気言語のPythonで従来よりも難易度の高い問題に挑戦できる「ハードモード」の提供を16日から開始した。

d12063-42-651340-0「コードガールこれくしょん」は、paizaで2016年4月から公開しているプログラミング学習ゲームで、これまでに総プレイ回数が400万回を超える人気コンテンツ。

仮想世界に取り込まれ記憶を失ってしまったプレイヤーが、同じように記憶をなくしたキャラクター「リリア」と出会い、記憶を取り戻すべくプログラミング問題を解いていくという、プレイヤー自身のスキルを高めながらストーリーを進めていく新感覚の学習ゲーム。

従来の「ノーマルモード」は、「プログラミングのルールを覚える」ことを主目的としており、間違い探しや穴埋めの問題が多く、プレイヤー自身のコードの記述量は少なめだった。

それに対して今回実装する「ハードモード」では、出題内容の変更により1問あたりの記述量が増え、プレイヤーが「自分でプログラムを書く楽しさ」を得られるようになっている。

学習するプログラミング言語は、人気の高いPythonを採用。今後順次他の言語にも対応予定。なお、「ノーマルモード」は現在でもPythonのほか、C言語やJava、Rubyなど計8言語の学習に対応している。

「ハードモード」実装を記念して、抽選でAmazonギフト券500円分が10人に当たるキャンペーンを実施中。

Twitterのpaiza公式アカウント(@paiza_official)をフォローし、マイページやガチャ結果画面をツイートすると応募完了となる。

関連URL

コードガールこれくしょん

KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 導入実績多数!まとめてサポート
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
熊本市 教員研修スタート NTT DOCOMO
21世紀を生き抜く力を育む 幼児からシニアまで楽しくICT+プログラミングを学べる ICTクラブ大泉学園 無料体験会開催中
ICT教育ニュース Web展示会 プログラミング教室・ツール展 出展企業募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • ICT導入&活用公開セミナー 全国各地で開催中 すらら
  • お試し無料 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • 先生!eラーニングでお悩みですか? Matrox
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス