1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. かざすAI図鑑アプリ「LINNÉ LENS」、国内動物園の9割に対応

2018年10月1日

かざすAI図鑑アプリ「LINNÉ LENS」、国内動物園の9割に対応

Linneは、日本の動物園の生き物の9割超に対応し、全90の動物園一覧を追加した「LINNÉ LENS(リンネレンズ)」バージョン1.0.5を、9月28日にリリースした。

d36684-2-373429-0LINNÉ LENSは、スマートフォンをかざすだけで生き物の名前が瞬時にわかり、同時に基本情報、体長・体重、生息地、分布、絶滅危険度、生き物がいる施設も確認できるアプリ。

認識した生き物は自動で写真が記録され、世界に一つだけの図鑑が作れる。今回新たに追加された全国の動物園一覧を参考に、最寄りの動物園で楽しめる。

複数の動く個体を瞬時に、同時に識別できるのは、独自に開発した機械学習の推論アルゴリズムをiPhoneの端末上で回しているため(特許出願中)。

通信の遅延なく、電波の悪い場所や、ネットに接続していない状況でもリアルタイムで認識できる。また、動物園の檻越しでも生き物を正確に識別するため、主要動物園で展示生物ごとに撮影した動画をDeep Learningで学習し、認識エンジンを最適化した。

Apple A12 Bionicを搭載したiPhone XS、XS Max、XRはもちろん、従来のiPhoneでも最新のiOS12ではリアルタイムの認識体験ができる(端末はiPhone 6s以上を推奨)。

LINNÉ LENSは、今年8月13日にリリースした第1弾の水族館を皮切りに、世界の犬・猫、動物園と認識対象を拡大。今後も認識精度、対象を継続的にアップデートしていくという。Androidも準備中。

ダウンロードは無料で、1日10種までの「お試し」も無料。「PROプラン」の利用料は、1カ月360円、3カ月720円、12カ月1450円。対応言語は日本語と英語。

関連URL

LINNÉ LENS

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
GIGAスクール構想 標準仕様書スペックに対応したタブレット端末が登場 Sky安心GIGAタブレット Windows10 Office 365搭載 Sky
GIGAスクールでの表現活動に。 Adobe Spark 詳しくはこちら Adobe
Adobe Creative Cloud 一人年間500円以下 Adobe Creative Cloud 小中高向け 詳しくはこちら Adobe
小学校の1人1台学習をサポートする 非営利型一般社団法人 Just-learning

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 国内メーカーならではの手厚い対応/無償保証 「GIGAスクール構想」対応ネットワークソリューション AlaxalA
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス