1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. かざすAI図鑑「LINNÉ LENS」、日本の野鳥全633種に対応

2018年12月25日

かざすAI図鑑「LINNÉ LENS」、日本の野鳥全633種に対応

Linneは、同社のかざすAI図鑑「LINNÉ LENS」が、日本の野鳥全633種に対応できるようになったと、21日に発表した。

左:セグロセキレイ、中:カワセミ、右:ヤマガラ

左:セグロセキレイ、中:カワセミ、右:ヤマガラ

同AI図鑑は、iPhoneをかざすだけで、日本の水族館や動物園の生き物、世界の犬・猫、日本の海水魚・淡水魚・野鳥・昆虫など計8204種の名前が瞬時にわかり、生きものごとの詳細情報も確認できるアプリ。2018年8月13日からサービスを開始。

ダウンロードは無料で、1日10種までのお試しも無料。有料プラン「LINNÉ LENS PRO」の利用料は、1カ月360円、3カ月720円、12カ月1450円。対応言語は日本語と英語。動作環境はiOS11.2以降、iPhone(Androidは準備中)。

今後は、花・植物への対応のほか、多言語対応と海外App Storeでのリリース、Android版の提供も予定している。

関連URL

LINNÉ LENS

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
主体的に学ぶ力をのばす Classiポートフォリオ 2つの新機能登場! 1:アルバム機能、2:学びの振り返り機能
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×オーダーメイドの学び
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス