1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. JR東日本、「英語応対能力検定」とeラーニング「ココマナ」をセットで導入

2018年10月2日

JR東日本、「英語応対能力検定」とeラーニング「ココマナ」をセットで導入

学びUPコミュニケーションズと旺文社は1日、JR東日本に、学びUPコミュニケーションズの「英語応対能力検定」と、旺文社の学習教材「ココマナ とにかくひとこと英語応対講座 鉄道コース」が、セットで採用されたと発表した。

「英語応対能力検定」は、鉄道・販売・宿泊・飲食・タクシーの「業種別試験」と、街角での応対を想定した「一般試験」の6種類で実施している“おもてなし英語力”を測る検定。それぞれの現場に即した場面設定と、接客で大切な「聞く」「話す」にフォーカスしている点が特長となっている。

一方、「ココマナ」は、各業種に特化したフレーズを最短2カ月で学べる法人向けeラーニング教材。どちらもスマートフォン対応となっており、シフト勤務の現場でも時間や場所にとらわれず、無理なく受検や受講ができる。JR東日本では、駅係員・乗務員自らが英語で応対できる態勢整備が必要と考え、同検定と検定公認eラーニング学習教材を取り入れた。

今年度はまずJR東日本の社員および一部グループ会社の社員を対象とし、10月から「ココマナ」の受講を開始、来年2月20日から3月15日の期間に実施する「英語応対能力検定」の受験を予定している。

関連URL

英語応対能力検定

ココマナ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Yubi Plus 先生方にもテレワークを! 埼玉県 狭山市教育委員会 様 テレワーク実践事例 詳しくはこちら
Classi 導入事例 客観的データに基づく学習指導 佐賀県立致遠館中学校・高等学校
jamf jamfは100を超える自治体で採用! Appleデバイス管理なら CLICK
ニュース記事の作成・提供 膨大なリリースから最適なネタを選択し記事化して廉価で提供 取材記事も作成可能 WANITEL Web-News Writing Service

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • クラウド授業支援 ビデオ会議機能を搭載! TeacherView
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス