1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 旺文社など新会社設立し「英語応対能力検定」を来年3月に実施

2016年12月27日

旺文社など新会社設立し「英語応対能力検定」を来年3月に実施

旺文社、カシオ計算機、毎日新聞社の3社は共同で、「英語応対能力検定」の運営法人、学びUPコミュニケーションズを26日に設立、検定試験の実施に向けた準備を進めていくことを発表した。

「英語応対能力検定」は、相手の状況や意図を理解し、適切な英語を使って必要な案内やサービスができるかなど、基本的なおもてなし英語力を評価するもので、外国人への応対が特に必要とされている5業種 (販売・宿泊・飲食・鉄道・タクシー) の「業種別試験」と、一般の人が街中で臆せず応対できる英語力を磨くための「一般試験」をインターネットで実施する。

現場で大切な「聞く」「話す」の2技能を中心に実践で役立つ英語力を測るもので、合格・不合格を判定するのではなく、知識・理解・応答の3つの観点から到達度 (A~Dランク) を評価するという。

第1回試験は、2017年3月1日(水)~31日(金)に実施、申込は2017年1月16日(月)から「英語応対能力検定」の公式Webで受付。

検定の概要

受験料:6500円 (税込)
試験内容:リスニング・リーディング/スピーキング
試験方法:iBT (Internet based testing) 方式 パソコン、タブレット、スマートフォンからの受験
第1回試験受験期間:2017年3月1日 (水) 12:00~3月31日 (金) 17:00 24時間受験可
第1回試験申込期間:2017年1月16日 (月) 12:00~2月22日 (水) 17:00 24時間受付

詳細・申込

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス