1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 芝浦工大、「第26回衛星設計コンテスト」でアイデア大賞など受賞

2018年11月16日

芝浦工大、「第26回衛星設計コンテスト」でアイデア大賞など受賞

芝浦工業大学は15日、同大の月面探査ローバ開発チームが、「第26回衛星設計コンテスト」でアイデア大賞・日本機械学会宇宙工学部門一般表彰スペースフロンティア賞・最優秀模型賞の3冠を達成し、同じく、月地中探査機支援システム開発チームも審査委員長特別賞を受賞したと発表した。

月面探査ローバ「SeW」

月面探査ローバ「SeW」

同コンテストは、小型衛星をはじめとする様々な宇宙ミッションを創出し設計を行うもので、今年は10月27日に福岡県久留米市で開催。同大チームは、宇宙ミッションの独創性・有用性を競う「アイデアの部」で受賞した。(25チーム中4チームが最終審査に参加)

月面を4つの面から構成されるローバで走行するという新しいアイデアと、月地中部内を掘削して探査を進めるために探査ロボットとは別の機構を開発するという、新たなアイデアがそれぞれ評価された。

3冠の月面探査ローバ「SeW」は、既存の月面探査機(ローバ)として良く使われる「車輪型」や「クローラ型」がレゴリス(月を覆う微細な粒子)上でスタックして走行不能になるケースが多いことに着目し、4つの面が回転しながら走行する全く新しい移動機構を提案。

ローバと接地面の間に静的な力が働き、グラウザと呼ばれる細い突起を付けることで、平地を問題なく走行するほか、30度の急な傾斜面を登ることもできる。

向かい合う面を繋いだ糸を、機体内に内蔵したモータが巻き取ったり緩めたりすることで4つの面が回転しながら進んでいく。グラウザがレゴリスを掻いてスムーズに走行する。

同コンテストでは、面で移動するという今までに無いアイデア、レゴリスを掻いて移動するためにグラウザを付けた点、少ないモータで走行できる点が高く評価された。

関連URL

芝浦工業大学

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
校務用パソコンのログインセキュリティ対策できてますか? YubiPlusで簡単に対策
Classi Welcome to talk共催 コロナ禍のメンタルヘルスケア対策 “明日使える”生徒指導のポイント 6/25(金) 16:00~ 無料
jamf jamfは100を超える自治体で採用! Appleデバイス管理なら CLICK
NEWSサイト作成・運営 オウンドメディアに最適 wanitel

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • クラウド授業支援 ビデオ会議機能を搭載! TeacherView
  • gradescope 「学習評価について知っておくべきこと」 今、求められる学習評価とは? 無料eBookダウンロード
  • オンライン受検実施 AI検定 公開試験日 2021年8月1日(日) 情報処理能力認定委員会 サーティファイ
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス