1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 芝浦工大、ロボットセミナーをマレーシアの日本人学校で開催

2018年3月5日

芝浦工大、ロボットセミナーをマレーシアの日本人学校で開催

芝浦工業大学は2日、マレーシア・クアラルンプール日本人会日本人学校で2月24日・25日に開催した、小中学生向け「少年少女ロボットセミナー」の内容を公表した。

0305-sbk同セミナーは、理科教育に力を入れているクアラルンプール日本人会日本人学校の協力と、趣旨に賛同した高砂熱学工業の協賛、現地ボランティアの協力を得て、2003年以来15年ぶりの同国での開催。

当日は、クアラルンプール日本人会の会員を対象に抽選で選ばれた、小学4年生~中学2年生までの60人が参加。2日間にわたり、ロボット製作やデザインコンテスト、対戦のほか、ロボットの役割や機能、最新の研究内容の紹介などの講座も行なわれた。

2月24日は、芝浦工大が開発した教材ロボット「ボクサー」を使用。約300点のパーツからなるロボットを組み立てて標準型ロボットを製作した後、各自の創意工夫で装飾を施して世界で一つだけの「マイロボット」を製作した。

翌25日は、同大工学部機械機能工学科の長澤純人准教授が、現在のロボットの役割や機能、最新の研究内容などについて講演。

その後、受講生一人ひとりが完成した「マイロボット」の特徴を発表するデザインコンテストを実施。競技会では、小学4・5年生と小学6年生以上のグループに分かれて対戦形式の競技を行い、会場は大いに盛り上がったという。

同大地域連携・生涯学習センターでは、大学独自の教材ロボットを使用した「少年少女ロボットセミナー」を2000年から全国各地で開催。主に教職員と学生や卒業生が運営し、現在までに全国で累計2万7000人が受講している。

関連URL

芝浦工業大学

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 新学習指導要領対応!チエル クラウド型デジタル教材 基礎・基本 国語検定
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • eラーニングの録画・配信 Matrox Monarch LCS
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録