1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 芝浦工大、ロボットセミナーをマレーシアの日本人学校で開催

2018年3月5日

芝浦工大、ロボットセミナーをマレーシアの日本人学校で開催

芝浦工業大学は2日、マレーシア・クアラルンプール日本人会日本人学校で2月24日・25日に開催した、小中学生向け「少年少女ロボットセミナー」の内容を公表した。

0305-sbk同セミナーは、理科教育に力を入れているクアラルンプール日本人会日本人学校の協力と、趣旨に賛同した高砂熱学工業の協賛、現地ボランティアの協力を得て、2003年以来15年ぶりの同国での開催。

当日は、クアラルンプール日本人会の会員を対象に抽選で選ばれた、小学4年生~中学2年生までの60人が参加。2日間にわたり、ロボット製作やデザインコンテスト、対戦のほか、ロボットの役割や機能、最新の研究内容の紹介などの講座も行なわれた。

2月24日は、芝浦工大が開発した教材ロボット「ボクサー」を使用。約300点のパーツからなるロボットを組み立てて標準型ロボットを製作した後、各自の創意工夫で装飾を施して世界で一つだけの「マイロボット」を製作した。

翌25日は、同大工学部機械機能工学科の長澤純人准教授が、現在のロボットの役割や機能、最新の研究内容などについて講演。

その後、受講生一人ひとりが完成した「マイロボット」の特徴を発表するデザインコンテストを実施。競技会では、小学4・5年生と小学6年生以上のグループに分かれて対戦形式の競技を行い、会場は大いに盛り上がったという。

同大地域連携・生涯学習センターでは、大学独自の教材ロボットを使用した「少年少女ロボットセミナー」を2000年から全国各地で開催。主に教職員と学生や卒業生が運営し、現在までに全国で累計2万7000人が受講している。

関連URL

芝浦工業大学

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • GIGAスクールで育む創造性 Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス