1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 芝浦工大、世界標準の入試プラットフォーム「UCA Asia」を導入

2018年6月14日

芝浦工大、世界標準の入試プラットフォーム「UCA Asia」を導入

サマデイは13日、ApplicationsOnlin(米国)との提携により、海外名門大学が利用している入試プラットフォーム「Universal College Application」(UCA)を使って開設した入試コンソーシアム「UCA Asia」を、芝浦工業大学に提供することが決まったと発表した。

d20246-17-118799-1

芝浦工業大学では、複雑化した出願書類をスリム化しながら、世界の大学との共通化をはかっていき、将来的には海外名門大学と肩を並べて留学生募集を行うことを視野に入れ、UCA Asiaのシステム導入を決めた。

2018年度は、大学院の海外学生対象の全方式で、同システムを利用した入試を実施する予定。

UCAは、学生が1つのフォームに入力した情報で複数の大学に出願できるプラットフォームで、ハーバード、プリンストン、ジョンズ・ホプキンスなどの名門大学が参加。

UCA Asiaは、日本の大学が日本語で利用でき、国内学生のAO入試や2020年入試改革での多面的・総合的評価型入試、海外学生の募集にも役立てることができる。

今後、他の大学とも連携してフォームの共通化を進め、アジアの大学のための入試コンソーシアムを形成していくという。

また、UCAとUCA Asiaでは、SNS型eポートフォリオ「Feelnote」と連携して、志願者からのポートフォリオの提出を受け付けている。

これにより、各大学のアドミッションオフィサーは、志願者一人ひとりの個性的な学びと活動のプロセス、伸びしろを評価することができるようになっている。

関連URL

UCA Asia

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
ICTクラブ大泉学園 無料プログラミング体験会 やってみなくちゃ分からない ゲームをプログラミングしよう!
出展情報・商談予約 6月19日~21日開催 EDIX2019 出展者特集

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×オーダーメイドの学び
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス