1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. AKA、AIロボ「Musio」アップデートし英語初級者向けの機能拡充

2018年11月20日

AKA、AIロボ「Musio」アップデートし英語初級者向けの機能拡充

AKA(米国カリフォルニア州)は19日、英語学習AIロボット「Musio」(ミュージオ)を3.1.0アップデートして、初級レベルでの英会話練習ができる新機能「Leaner’s Chat(ラーナーズチャット)」を追加し、単語や会話などを発音しながら反復練習できる「Eduモード(エドュモード)」のデザインを一新したと発表した。

1120-aka2「Musio」は、自ら考えて会話ができ、その会話内容をだんだん覚えていくソーシャルロボット。米国のネイティブ英語を話し自然な英会話ができるチャットモードと、専用教材を使用しレベルや目的に合わせた英語学習ができるチューターモードやエデュモードがある。

従来のチャットモードは、米国のドラマや映画をはじめとするネイティブスピーカーの英語表現を集積したAIを使用しており、初級者にとっては返答が困難なことがあった。

そこで今回、ユーザーが返答する際に返答フレーズの例文を提案する機能を開発し、よりスムーズに会話できるようにした。

これまで単調になりやすく、学習のモチベーションを維持しづらかったエデュモードでは、子どもも楽しんで勉強ができるようなデザインに改善した。

また、最新バージョンへのアップデート後は、新たにコンテンツでパートナーシップを締結したGlatsの「Kimini英会話」と、アルクの「アルクKiddy CAT英語教室」の学習内容を「Musio」でも学ぶことができる新しい会員制サービス「EDGE KIDS」や「EDGE for Kiddy CAT」(2019年春以降に販売予定)を使用できる。

関連URL

Musio

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
出展情報・商談予約 6月19日~21日開催 EDIX2019 出展者特集

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス