1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. KDDI、「日本人英語話者向け発音自動評価システム」を共同開発

2018年11月26日

KDDI、「日本人英語話者向け発音自動評価システム」を共同開発

英会話教室運営のイーオンとKDDI総合研究所は22日、AIを活用した英会話スキルの評価システム「日本人英語話者向け発音自動評価システム」を共同開発したと明らかにした。

「日本人英語話者向け発音自動評価システム」の構築イメージ

「日本人英語話者向け発音自動評価システム」の構築イメージ

評価システムの構築にあたって、早稲田大学教育学部の松坂ヒロシ教授に監修を依頼し、発話英語のイーオン独自の評価指標を策定した。

指標として、①単語レベルでの発音の正確さ、単語のアクセントを評価する「音素と語強勢」、②「リズム、リンキング、スピードを含む流暢さ」、③文レベルでの評価となる「イントネーションと文強勢」という3つの評価指標に、総合的な発音の分かりやすさの「総合評価」を加えた4軸を設定。これに基づき、収録した英語発話音声をイーオンの外国人教師によって評価した。

さらに、その結果を奈良先端科学技術大学院大学 データ駆動型サイエンス創造センターの安田圭志特任准教授の協力を得ながら、KDDI総合研究所がAI技術によりモデル化し、日本人英語話者の発音を適切に評価できるシステムの設計を行った。

同システムは、イーオンの生徒専用の自宅学習サポートサイト「イーオン・ネット・キャンパス」内で、生徒が音読する音声を収録し、それに対してAIが自動診断をする「発音診断」コンテンツとして、2019年1月からサービスが提供される。

関連URL

イーオン

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
主体的に学ぶ力をのばす Classiポートフォリオ 2つの新機能登場! 1:アルバム機能、2:学びの振り返り機能
ICTクラブ大泉学園 無料プログラミング体験会 やってみなくちゃ分からない ゲームをプログラミングしよう!
出展情報・商談予約 6月19日~21日開催 EDIX2019 出展者特集

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス