1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. Raspberry Piと接続しシリアル通信で制御できる拡張ボード「RPi-GP60」

2018年12月13日

Raspberry Piと接続しシリアル通信で制御できる拡張ボード「RPi-GP60」

ラトックシステムは、Raspberry Piと接続し、シリアル通信を使った計測、制御が可能なRS-232C、RS-485/422Aシリアル拡張ボード「RPi-GP60」を、今月下旬から出荷開始する。価格は2万1800円 (税別)。

RPi-GP60

RPi-GP60

同製品は、産業用途で採用されている安定性に優れたRS-485/422Aや、さまざまな環境下で広く使われているRS-232Cなどのシリアル通信が可能なRaspberry Pi拡張ボード。

GPIO接続することで、FA現場における機器 (PCやPLC、マイコンボードなどのコントローラ) の制御や、各種測定器を使った計測が可能で、アナログ、デジタルでの入出力が行える。

また、同製品のシリアルポートは用途に合わせてRS-232C、RS-485/422Aと変更が可能で、RS-232を2ポートで使用する場合も、RS-232CとRS-485/422Aをそれぞれ1ポートずつ使用する場合も自由に設定ができる。

さらに、同製品のアイソレーションには、シリアル入出力側とGPIO40PIN間を電気的に分離絶縁する「デジタルアイソレーター」を採用。低消費電力で実装面積を小さくできる利点があり、一般的フォトカプラ方式よりも高速な動作を実現する。

関連URL

RPi-GP60 製品ページ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス