1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 5ドルのラズパイ「Raspberry Pi Zero」ついに日本で発売開始

2017年2月27日

5ドルのラズパイ「Raspberry Pi Zero」ついに日本で発売開始

ケイエスワイは24日、より多くの人が、より手軽にRaspberry Piを体験できることを
目的とした“5ドルのラズパイ”、「Raspberry Pi Zero」の発売を開始した。同社のWebショップ「Raspberry Pi Shop」では、Raspberry Pi Zero V1.3を650円(税別)で販売している。

0227-lbpRaspberry Pi Zeroは、 2015年11月27日にRaspberry Pi財団が5ドルという超低価格で発表。Raspberry Piシリーズへのゲートウェイ(入り口)という位置づけから、価格はもちろん供給マーケット、流通なども既存のRaspberry Piシリーズとは全く異なり、一部の国での発売にとどまっていた。

国内ユーザーからも多くの要望があり、メーカー(Raspberry Pi財団)との交渉の末、ケイエスワイが販売代理店となりRaspberry Pi Zeroを国内供給していくことが決定した。

Raspberry Piは、初期の教育用コンピューターという枠を超え、現在では電子工
作などのホビー、さらには、産業分野での応用と幅広い市場に、 オープンで、
ローコストという驚きを提供してきた。

累計出荷台数は、全世界で1100万台を突破し、国内でも多くユーザーから支持され30万台(同社取扱数より推測)を突破している。

しかし、国内において、Raspberry Piの本来のターゲットである教育分野、小学校、中学校の児童生徒への浸透が英国などに比べ遅れており、より低価格で扱いやすく、IT(情報技術)、コンピューター テクノロジー、プログラミングをより手軽に体験できる「Raspberry Pi Zero」を、この分野、学習への入り口として提供していこうと国内発売を決定したという。

関連URL

Raspberry Pi Shop

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
ぼくたちは、世界標準で学ぶ こどもOffice(R) Microsoft Officeの小学生向け学習支援ソフト 製品サイトへ
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 子供と向き合う時間を創出する 学校の新ワークスタイルをご提案! ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス