1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. アテイン、eラーニング「日本語教師養成コース」日本語字幕版を追加製作

2018年12月27日

アテイン、eラーニング「日本語教師養成コース」日本語字幕版を追加製作

アテインは26日、eラーニング教材「日本語教師養成コース」日本語字幕版を追加製作すると発表した。

japaneseteacher002同社は、日本語を学んだ外国人の日本語教師が外国人に日本語を教える需要が拡大していることから、「日本語教師養成講座コース」に日本語字幕を入れて販売することにした。

同養成講座は、日本語教師資格取得のために、日本語教育実力を養成する動画教材。日本語の特徴、発音、文法、言語学、教授法、ビジネス日本語の教え方などの理論の勉強を通して、日本語教師としてすぐに活躍できるスキルを身に付けることができる。

また、日本語教師資格の習得や日本語教育能力検定試験対策にも役に立つ。国内外の大学や日本語学校の日本語教師や、各国に進出した日系企業の日本語教育担当者、あるいは対日サービスをしている外国企業の出向社員や電話応対する社員への日本語教育担当者の養成にも役立つ。N1レベルの人が、さらに日本語を理解するのにも有効。

コースは全10課の構成で、1課は各3部に分けられている。日本語教授法の高見澤孟先生を始めとする講師陣が、イラスト付き映像で丁寧に解説。さらに、事前学習テキストと副読本テキストが付属しており、印刷して予習と復習に活用できる。

同教材は、eラーニング(モバイル対応)で提供するため、受講者の都合の良い時間にネット独習することができ、学校や企業法人はコストをかけずにレベルアップできる。約30時間の映像教材で、実際の学習時間は250~300時間を想定。

同社は、すでに同養成コースのベトナム字幕版を製作しているが、受講者から日本語字幕の要望があり、今回、日本字幕版を追加製作することにした。

関連URL

講師紹介

日本語教師YouTubeチャネル

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 児童生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス