1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. GMOペパボ、eスポーツの活性化を支援する取り組みを開始

2018年12月6日

GMOペパボ、eスポーツの活性化を支援する取り組みを開始

GMOペパボは、日本におけるeスポーツの活性化を目的として、同社のサービスの無償提供などでeスポーツチームを支援する取り組みを開始した。それに伴い、5日から支援対象となるeスポーツチームの公募受付を始めた。

d136-2505-474531-0応募のあったチームの中から、チームの活動実績や戦績をもとに厳正な審査を行い、同社公式サイトなどで支援対象チームを随時発表する。

サーバーやドメインの無償提供や、オリジナルチームウェアの無償制作、グッズ販売サポートなど、同社サービスを活用した支援のほか、対象チームとの協議のうえ、同社サービス提供以外の支援の実施も予定している。

欧米諸国や韓国、中国などと比べると、日本のeスポーツ環境は整っているとは言えない状況にある。その要因として、国内企業による支援や大会スポンサーは増えてきているものの、eスポーツの選手やチームの情報発信、グッズ販売、試合観戦のためのストリーミング配信といった、ファンを増やす取り組みが不十分な点が挙げられることから、今回の取り組みに至ったという。

関連URL

応募サイト

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 選定 調達 導入 運用 まとめてサポート
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
Web展示会 プログラミング教室・ツール展 開催中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス